腹筋と下肢を鍛える - アイソメトリック運動2009/04/05 17:35

60 兆個あると言われる人間の細胞に、酸素や栄養素などを運ぶ血液の流れが悪くなると病気が起り易くなる。

按摩や鍼灸などによってこの血流を良くしてやることで、病んだ臓器の治癒力は高まる。

血流を司っているのが心臓であることは言うまでもないが、横隔膜と筋肉とがこの心臓の働きを助けている。 横隔膜は腹式呼吸で上下する事によって胸部や腹部の内臓の血液循環を助け、また、筋肉は収縮と弛緩を繰返す事によって筋肉内を走っている血管を収縮したり拡張したりして血行を良くしているのである。

処で、この筋肉の 70% 以上は腰から下に存在しているが、重要な役割を果している胸部や腹部の臓器を保護しているのは背骨とそれを取巻く背筋と腹筋であり、特に腹筋が弱くなると背筋に過剰な負担が掛かり腰痛を起し易くなる。

この様に腹筋や腰から下の筋肉を鍛える事は健康を維持するのに大きく貢献すると言えるのである。 この意味で、腰から下の筋肉を充分に使い、然も脈拍が上昇し過ぎる事なく、誰でも簡単に出来る Walking の習慣を身に付けると良い。

Walking 以外にも手軽に筋肉を鍛える事ができる運動がある。 アイソメトリック運動と言われており、次の様に行うが、各動作はものの 10 秒足らずで充分である。

1) 胸の前で両手を鉤形に組んで、力を入れて両方に引く。

2) 組んだ手を頭の後に廻し、両方に引っ張る。 頚、背筋、胸部の筋肉を引締める。

3) 両手を後頭部に組んで、腹部に力を入れる (腹部の脂肪を取りウェストを引締める効果がある)。

4) 両下肢に力を入れる。

5) 臀部から下肢に懸けて力を入れる。

6) 直立した状態で爪先立ちを繰返す (腹部、下肢、特に、下肢の筋肉を引締める)。

* 3), 4) は椅子に腰掛けても行える。

爪揉み療法2009/04/12 17:28

自律神経は無意識のうちに身体の機能を調整している神経で、相反する働きをする交感神経と副交感神経とがシーソーのごとくバランスをとって機能しています。 この自律神経が血液中の免疫細胞である白血球の働きを調整するとの理論が福田-阿保理論で、「自然免疫療法」 として治療に応用されています。

自律神経が調整する白血球は約95%が顆粒球とリンパ球でしめられています。 交換神経が優位になると顆粒球が増え、副交感神経が優位になるとリンパ球が増えると言われている。 自律神経が正常に働いている時は、顆粒球とリンパ球の比率が略 6 : 4 に保たれ、これが免疫力が最も充実した状態で、このバランスが崩れると諸所の病気が生じると考えられている。

自律神経のバランスを整えるには手足の指の爪の生え際にある井穴と言うツボを揉んで刺激する事で可能になる。 爪の生え際は、西洋医学的にも神経線維が密集している感受性の高い場所で、刺激が自律神経に伝わり、交換神経と吹く交換神経のバランスが整えられるのである。 東洋医学的にも手足の先端は 「陰」 と 「陽」 の気が切り替わる経脈の出入り口になっており、井穴がその起点に当るのである。

爪揉みは一日 3 回、両手両足の爪の生え際を、指先があかくなるまで刺激を繰返すと良い。

勿論、これだけで病気が総て治るわけではなく、ストレスの解消、規則正しい生活、食生活の改善、適度な運動を毎日行う、身体を積極的に温めるなど、免疫力を正常に保つ生活習慣を心掛けることが大切なのは言うまでもない。

西野式呼吸法2009/04/19 17:08

由美かおるは私たちと略同じ年代 (S.25 生) の女優であるが、デビュー当時と余り変わらない若さと美貌とスリムな体形とを維持している。

その秘訣の一つは、当時彼女が所属して西野バレー団を率いていた西野皓三氏が創案した 「西野式呼吸法」 の実践にあると言われている。

その西野式呼吸法の要点は幾つかあるが、骨子は腹式呼吸 (足芯呼吸) とリラクセーション (揺らぎ) によるストレスの解放にあると考えられる。 ストレスを取除き、「気 (生命エネルギー)」 の力を高め、免疫力と自然治癒力とを向上させる訳である。

西野式呼吸法の基本型は 5 つ (華輪、天遊、円天、周巡、行雲、無辺) あるが、その内最も大切なのが 「天遊」 と呼ばれる型である。 先ず、「華輪」と呼ばれる準備運動で身体を解し、「天遊」 で腹式呼吸を行う。 (もっと詳細を知りたい方の為に、西野式呼吸法の HP アドレスをリンクに載せてあります。)

西野式呼吸法に限った事ではないが、「腹式呼吸」 は健康維持の基本である。

笑う門には福来る2009/04/26 17:14

大阪外大の志水彰教授によると、「笑い」 と言う感情表現は、霊長類である人間と猿にのみ見られる現象だと言う (「ヒトはなぜ笑うのか」 講談社)。

霊長類は笑顏によって、攻撃相手に対して親しみの感情を示して防衛反応を取るのである。

また、吉野槙一日本医大教授が行った実験では、リウマチ患者に 1 時間ほど落語を聴かせた後は、関節リウマチが悪化すると増加すると言われる免疫活性化物質の IL-6 や IF-γ が、聴く前に較べ、顕著に減少する、と言う結果が得られている。

同時に副腎皮質ホルモンであるステロイドホルモンも低下している事から、リウマチの炎症が抑えられたと考えられる。

さらに、癌患者に対して吉本興業の公演を 3 時間楽しませた後は、NK (ナチュラルキラー) 細胞が上昇したと言う結果が得られた。 この NK 細胞は免疫のバランスを正常にする働きを持っている。

ここで言う 「笑い」 とは、例えば、チャップリンの映画を見て笑う様な、人間としての共感を覚えさせる笑いであって、下手なお笑い芸人がよくやる、他人を馬鹿にしたり、叩いたり、侮辱したりする品性の卑しい笑いでは効果がない、と言われている。

笑う門には福来る、なのである。

「笑い」 に限らず、「畏敬の念」 「感謝の心」 「敬虔な祈りの心」 「感動」 などのプラス感情は、大脳の前頭葉に興奮を起させ、その興奮が免疫システムの中枢である間脳に伝達され、間脳から、免疫活性ホルモン (神経ペプチド) が分泌され、1 億個以上存在するといわれる、白血球の NK 細胞の働きを促進し、免疫力を増強する。

モーツワルトを聴いたり、美術館で芸術作品を視たりを心掛ける事でも、免疫力は向上するのである。

参考までに言えば、一般的に、「前向きで、明るく、楽しく」 はコーカサス地方を初めとする世界の長寿国に共通する項目の 1 つでもある。