「患者様」 か 「患者さん」 か2009/09/01 09:47

私が鍼灸師になるために学んだ専門学校では, 「患者さん」 を 「患者様」 と呼ぶように, と教育を受けた. 頭の良い厚生労働省のお役人の発想から出ているらしいが, 私は 「患者様」 と呼ぶ事に, これまでずっと違和感を抱いて来た.

何故なら, 「精神分裂病」 を 「統合失調症」, 「痴呆症」 を 「認知症」 と言い換えるのは, 所謂 「差別用語」 をなくそうとの考えの一環で, それはそれで理解の範囲内としても, 太平洋戦争に敗れた事を 「敗戦」 ではなく, 「終戦」 と呼ぶように, 言葉で糊塗して, 事実を直視しようとしていない態度と相通ずるものがある様に感じていたからである.

処が, 最近, 偶々, 三井記念病院の高本真一院長が 「医師や看護師と共に生きようとしている患者に “様” を付けると “お客様” になってしまい, 決していい “医療チームワーク” を生み出すことは出来ない」 と言った趣旨の考えをお持ちであることを知って, 得心が行った.

患者と医師 (鍼灸師も含めて) とは “同列” でなければならない. まして, 東洋医学の考えからは, 病気が治るのは, 患者本人の “生命力 (免疫力)” そのものの力であり, 鍼や灸は, その免疫力を高める手助けをする, と言う事であり, 鍼灸師 (医師) は, 患者よりも一段高い位置にも低い位置にもいる訳では決してない.

極論すれば, お互いが相手を人間として認め合い, 相互の信頼関係 (ラポート) が成り立ってこそ, 癒し効果も高まり, 初めて治療 (施術) は功を奏するのである. (因みに, もともと “ラポート” とはフランス語なので, rapport と書いて, 発音は “ラポー”. 心理学用語で, 相互の情緒的な心と心の繋がりを意味するものであるが, 昨今は, 講演する時など,「リポート・トーク」ではなく 「ラポート・トーク」 を心掛けよ, などと使われる事が多いようである. Webster の辞書によれば, “sympathetic relationship; harmony” と説明が出ている.)

幸か不幸か, 我が施術所は施術用のベッドが一つしかなく, 「患者様」 とか 「患者さん」 と呼ぶような環境にはなく 「○○さん」 と個人名を呼ばせて戴いている. 先ずは 「形から入る」 と言う考え方も否定するものではないが, 上辺だけ 「患者様」 と呼んで, その実, 誠意のない対応をしていたのでは, 意味がないと思うのだが…

精神の健康を保つ秘訣2009/09/10 10:05

昨今は超ストレス社会で, 或る統計によると, 8 人に 1 人が, 鬱的傾向にあると言われている. 成果主義となり競争の厳しいサラリーマン, 特に 30 - 40 代の中間管理職に, 顕著に見られると言う.

元九州大学医学部名誉教授で日本の心療内科の創始者とも称された, 故池見酉次郎先生の弟子で, 関西医科大学心療内科学教授の中井吉英先生は, "精神の健康を保つ秘訣" として, 次の様な含蓄に富む言葉を述べておられる。

1) いい加減で仕事を止める能力
2) 嫌なことは自然に後回しにする能力
3) 出来たら止めておきたいと思う能力
4) 独りでいられる能力、また二人でいられる能力も必要である
5) 嘘を付く能力
6) いい加減で手をうつ能力、意地にならない能力
7) しなければならない、と言う気持に対抗できる能力

誠実で真面目な人ほど, 鬱病に罹り易い, と言われている. “ケセラセラ”, “為る様にしか為らない”, “Take it easy!” と言った心の在り様を心掛けること, 或いは, “明日出来ることは今日やるな” と時には思い切るくらいの決断が, 超ストレス社会を生き抜く為には, 必要なのだろう.

精神のバランスを保つ意味で, 中井先生のお言葉は一考どころではなく, 二考, 三考の余地がある, と私は思っている. 皆さんは如何思いますか?

-----------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html

貝原 益軒の 『養生訓』 を読む (1)2009/09/13 18:12

本書は, 江戸時代の儒学者貝原益軒が死の二年前の 83 歳の時に著し, 翌年 (正徳 3 年, 1713 年) に上梓され, 流布したものであるから, 今から略 300 年ほど前の書物である.

従って, 当時の世の中の医療水準や健康に対する庶民の意識がどの様なものであったかを推し量るには恰好の資料の一つであると言える.

先ず, 読んで感慨を覚えるのは, 益軒が、世人後世のためを思って著した或る意味啓蒙の書とも思える点である. 次に、益軒の堅実で質実とも言える健康観で, 現代の我々にも参考になる事項が少なくない事である. 益軒は, 人の一生においては, 道を行い善を楽しむ事, 病に侵される事なく日々の生活を送れる事の楽しみ, そして長寿の楽しみ, 以上の三点を如何なる金銀財宝や権勢名誉にも勝るものであるとしている.

また, 私の様な鍼灸師の立場から読んでも肯ぜざるを得ない訓もある. 例えば, 巻第六 (34) には以下の様に述べてある.

医とならば, 君子医となるべし. 小人医となるべからず. 君子医は人のためにす. 人を救ふに, 志専一なる也. 小人医は我がためにす. わが身の利養のみ志し, 人を救ふに志専らならず. 医は仁術也. 人を救ふを以て志とすべし. 是人のためにする君子医也. 人を救ふ志なくして, 只, 身の利養を以て志とするは, 是我がためにする小人医也. 医は病者救はんための術なれば, 病家の貴賎貧富の隔てなく, 心を尽して病を治すべし. 病家より招かば, 貴賎を分かたず, 早く行くべし. 遅々すべからず. 人の命は至りて重し, 病人を疎かにすべからず. 是医となれる職分を努むる也. 小人医は, 医術流行ればわが身に誇り高ぶりて, 貴賎なる病家を侮る. 是医の本意を失へり.

以上の如く, 「医は仁術でなければならぬ」 と説いている. 昔から医を仁術とせぬ医者が存在したのは, 何時の世も変らないものと見える. 然し, 赤字経営で閉鎖される大病院も少なくない昨今, 「医は仁術」 とばかりも言っていられない状況もあるが, 医者としての基本的心構えは昔も今も不変でなければならない筈である.

折に触れ, 「養生訓」から私の琴線に触れ, 皆さんにも興味があろうと思われる箇所を, 今後も紹介して行く予定である.
----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html

偏食は生活習慣病に繫がる2009/09/19 15:44

「毎日 30 種類以上の品目を食べる様に心掛けなさい」 とは良く耳にする言葉である. 偏食で好き嫌いが激しいと, 栄養が偏るため, 健康を損ね勝ちになる. 偏食が続くと, 糖質, 脂質, 蛋白質の 3 大栄養素は言うまでもなく, 身体の中の微量元素も不足し, 糖尿病を初めとする生活習慣病や老化を促す原因となる.

微量元素とは, 一日の摂取量が 100 mg 未満の元素のうち, 亜鉛, 銅, クロム, ヨウ素, コバルト, セレン, マンガン, モリブデン, 鉄の 9 種類を指す. これらは生命活動に必須の元素である. 例えば, 亜鉛は, 舌が味を感じる機能に拘っているとされており、この亜鉛は身体の総ての細胞中に含まれているが, 亜鉛が不足すると味覚が分からなくなる他, 凡そ 300 種類にのぼる酵素の働きをも活性化する. 例えば, 血中の糖濃度を制御する「耐糖能」 に異常が生じて糖尿病を惹き起したり悪化させたりする. 更に, 細胞分裂や細胞内の核酸の代謝機能にも関与している事も明らかになっている.

またクロムも亜鉛同様 「耐糖能」 に関与しており, 不足した場合, インスリンの働きが悪くなり, 糖尿病の一因となる.

更に, セレンは, 活性酸素の増加を抑える酵素にとって不可欠の元素であり, 老化と関係している.

鉄分の不足は貧血の原因となる. 鉄は, 酸素を運搬する赤血球中のヘモグロビンの主成分であるからである. 特に女性の場合, 月経により血液が対外排出されるため貧血に悩まされる事が少なくない.

各微量元素が不足した場合の疾患との関係は下記の表の通りである.

サプリメントは, 微量元素の補充と言う意味では一定の効果はあるであろう. 然し, 特定栄養素のみの摂取では万全ではないのである.

1 つには, 特定の微量元素のみの栄養不足と言う事は殆どなく, 多くの場合, 複数の栄養素が不足しているのである.

例えば, 亜鉛不足で味覚障害になる人は, 鉄分, マグネシウム, 銅, ビタミン類等も不足しているが, 逆に塩分や脂肪は摂取過剰であると言った具合にである. 特定の微量元素の補充は栄養バランスの改善には繫がらないのである. 栄養素と言うものはバランスよく摂ることが不可欠なのだ.

サプリメントに頼るのも悪くはないが, 基本は日々の食生活を大事にし, 偏食などせず, 出来るだけ数多くの食品を摂る様に心掛ければ, 敢えてサプリメントなどを摂るには及ばない.

「医食同源」 とは, 故新居裕久新宿病院長が初めて使った言葉であるが, 若い人に多いサプリメントが主となる食生活は, 私に言わせれば ”邪道” に近く, 偏食のない日々の食生活こそ自然で賢明と言えるのではなかろうか. 「医食同源」 とは至言である.

元素名 : 関連する症状と疾患
------------------------------------------
亜鉛 : 味覚障害, 皮膚病, 成長遅延, 妊娠異常
銅 : 骨や血糖の異常, 貧血, 白血球減少
クロム : 糖尿病, 高脂血症ほか
ヨウ素 : 甲状腺, クレチン病
コバルト : 悪性貧血
セレン : 心筋症, 筋異常ほか
マンガン : 体重減少, 出血異常
モリブデン : 脳症など
鉄 : 貧血, 倦怠感など
-------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html

こむら返り2009/09/29 19:09

「こむら」 とは 「ふくらはぎ」 の事であるが, 筋肉の収縮に拘わるカルシウムやマグネシウム, カリウムなどの電解質のバランスが崩れると 「こむら返り」 が起り易いと言われている. 夜中に寝ていて, ふくらはぎや太もも, 土踏まずなどの筋肉が急に痙攣を起す 「こむら返り」 は, 疲労が重なった事が直接の原因で、殆どの場合, 筋肉が過伸展を起している.

こむら返りが起きてしまったら, その姿勢のまま, 痙攣が起きた脚と反対側の手を, 手の平を上に向けて, 思い切り真っ直ぐ頭上に突き上げる. その状態で手の指を開き, 手首を車のワイパーの様に左右に何回か揺り動かしていると, 痙攣した筋肉が次第に緩んで来るので試してみて戴きたい..

こむら返りの予防には, 電解質を含むスポーツドリンクやフルーツジュースなどを飲んで, 電解質を補給してやるとよい. また, 「すり胡麻」 を食べて, カルシウムやマグネシウムを補給してやるのも望ましい. 「炒り胡麻」 でも良いが, 「すり胡麻」 の方が身体に吸収され易い.

「人は血管から老いる」 と言われる. 胡麻は風味が良く美味しい上に, 血管を綺麗にしてくれるので高血圧や動脈硬化, 便秘, 老化予防等にも優れた食材と言える. 胡麻を使った料理は健康維持に欠かせない. 医食同源である.
----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html