胎教と気玉2009/11/07 13:44

東洋では, 古く中国前漢時代劉向の 『烈女伝』 を初めとし, 幾つかの書物に胎教に関する記述が残されている.

『烈女伝』 には, 周国文王の母親である太任が行った胎教について, 次のような趣旨の記載がある.

「太任の性分は淑やかで一様で, 念入りで, 荘重にして, ただ徳行をしている途中に妊娠をした. 目では悪い色を見ることなく, 耳では淫蕩な音を聞かず, 傲慢なもの言いもせず, 胎教をよく実践した」 と.

一方, 西洋では, 旧約聖書やヒポクラテスの記録などに胎教についての言及があるが, 胎教が科学の研究対象になったのは 19 世紀以後である.

ハヴェロック・エリス (1926) は母側印象、即ち妊婦の心を感動させる強烈な心的印象が胎児に重要な影響を与えるという研究を発表した.

その後, これを裏付ける様な研究も幾つかなされている. 例えば, 妊娠を喜んでいない妊婦は嬉しく思う妊婦より, 悪阻と嘔吐が酷いと言う研究結果をロボストンが報告している.

この様に, 妊娠中の母親の生活環境や精神状態が, 胎児の心の発達に影響を与えると言う胎教の考え方は, 中国の古い教えに由来している.

胎教が果して胎児に直接的な影響を及ぼすのか否かは, 未だ論難の余地もあるが、今日まで胎教は様々な形で行われている。

胎児の脳の発達は, 妊娠 5 ヵ月の終りには未熟ながらも略完成していると言われている.

従って妊娠後期になると, 母親の行動, つまり呼吸や散歩と言った事も羊水中の胎児の脳を適度に刺戟している事になる.

母親が興奮したり, 怒ったりして, 呼吸が速くなったり, 甲高い声で叫んだり, 激しく動いたりすると, それが即胎児に伝わり, 不安と言うストレスを与える結果となる.

逆に, ゆったりとした音楽を聞いたり, 穏やかな気持ちで散歩をしたり, 夫との和やかに会話を交す, などは胎児にも同じように心地よい刺激となる.

一方, 耳から入る聴覚機能も脳と同様発達が早く, 妊娠 5 ヵ月後半には僅かながら反応する様になる.

体外からの様々な音声は耳から脳へ刺激され反応するのである. 最近は超音波などで胎児が体外からの刺激に反応する動きが確認出来る様になっているが, 産まれたばかりの赤ちゃんが母親の声を識別出来るのも, この様な胎内経験に因るのである.

妊娠中の母親が絶えず苛々したり, 情緒が不安定だったりすると, 生まれて来た赤ちゃんも情緒不安定になり易いのはこの様な理由による. 母親と赤ちゃんは正に一心同体なのである.

特に, 脳が発達してくる妊娠 5 ヶ月ごろから, 美しい絵画に触れたり, 素晴しい旋律の音楽を聞いたり、母親が優しく胎児に語りかけて, 自分の声を聞かせるなど, この時期によい母子関係を築くことが, 心優しく, 思いやりに溢れた, 賢い子どもの土台造りとなるのである.

胎教は, 一般的に次のような効果があると言われている.
1. 夜泣きが無くなる
2. 昼間に起きているなど, 産まれてからの子育てがし易い
3. 言葉を覚えるのが早い
4. 情緒の安定した子が産まれる
5. 身体の発達が早い
6. 安産になる事が多い

胎教は勿論, 妊娠中に母親がどのような日常生活を送るか, が産まれてくる子供の将来を左右しているのである.

一方, ご存知の方もおられるかと思うが, 東洋医学には 「気玉」 と言う考えがある.

これは, 両手を擦り合わせた後, 掌を上に向けると 「気玉」 が出来るが, これを丹田 (臍の下の辺り) に収めると, 元気や勇気が出て来るのである.

この 「気玉」 を妊娠中の母親に応用して, ストレスを緩和してあげる事が出来る, と池川クリニックの池川明医師が以下の様に紹介している. (「医道の日本」 2009 年 8 月号)

"夫が妻のお腹に柔らかな温かい 「気玉」 を入れて, 更にお腹に気を送ると, 自然に夫婦が笑顔になる. これは上の子どもも参加する事ができる. そして家族がお腹の赤ちゃんに意識を向けて 「胎話」 すると, 赤ちゃんも温かい波動で満たされ, 気持ちが良くなる様だ. この様にして産まれてきた赤ちゃんが既に何人かいるが, どの赤ちゃんもとても素敵ないい顏をする."

姙娠中, 笑顔の消えている妊婦さんは少なくない.

笑顔になるためには, 夫が奥さんの気持ちを 「解ってあげる」 と言う態度と, 「寄り添っている」 と言うメッセージを送ってやる必要がある.

この 「気玉」 は手軽に出来る優れた方法なので是非妊婦さんに試してみて欲しい, と池川医師は奨めている.
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html

笑い療法士2009/11/15 14:10

笑いが健康によいことは, 以前, 「笑う門には福来る」 の項でも紹介している.

笑うことで, 先ず, ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの分泌が抑制されるとの実験データがある.

くすぐられた時に出る笑いよりも, ゲームなどで頭を使って得られる笑いの方が効果は大きいらしい.

また, 「幸せホルモン」 とも呼ばれている神経伝達物質のセロトニンが笑いによって放出され, その効果は一層高まる様だ.

このセロトニンが不足すると鬱病やパニック障害・摂食障害などの心の病を惹き起し易くなると言われている.

更に, 笑う事で, インシュリンの分泌作用が働くので, 血糖値を正常化させたり, 脳内モルヒネであるエンドルフィンやドーパミンなどが大量に分泌される他, 腫瘍細胞やウィルス感染細胞を直接攻撃する働きを有する NK 細胞が活性化する, とのデータも得られている様である.

この様に, 笑いは人の免疫力を高める機能を持っているのである.

そこで, 「笑い療法士」 と言って, 病気の人の自己治癒力を高め, 健康な人の発病予防をサポートする専門家を養成しようとの組織が 2005 年に立ち上げられている.

現在, 癒しの環境研究会代表世話人・笑医塾塾長である高柳 和江先生によれば, 「相手の心に寄り添って, 笑いを引き出す」 ことが笑い療法の重要な点であると説いている. (以下, 「医道の日本」 8 月号を参考にした.)

この研究会からは, 既に 400 人程度が笑いのプロとして病院や福祉の現場で活躍しているとの事である.

「笑いプロデューサー養成講習会」 では, 二人一組となり, お互いを褒め合うことから始める.

自分の良いところを相手が見付けて褒めてくれれば嬉しくなるし, 幸せな気分にもなる.

そして自分を好きになると自信も出て, 自信が出ると相手を幸せにしたくなる.

そこで相手を褒めてみると, 喜んでくれる. そんな連鎖が心の笑いを生むのだと言う.

若し, 相手に否定的な事を言わねばならない時は, 相手に嫌な想いをさせない様に 「PNP」 と言う話し方をする.

P は Positive (積極的, 肯定的), N は Negative (消極的, 否定的) の略で, 例えば, 「お母さんのカレーは凄く美味しいのだけれど, もう少し辛くして呉れたら, もっと美味しくなるんだけどなあ」 と言った話し方を指す.

また, 「アイ (愛) ・メッセージ」 と言う話し方もある. 「アイ」 は英語の I (私), 愛, Eye (目) の事を意味し, I (私) を主語として, 愛情を持って相手の目を見詰めて話す対話を大切にするのだと言う.

例えば 「タバコを止めてよ」 と言うのは You (相手) を主語としたメッセージになるが, 「タバコを止めて呉れると私は嬉しいのだけど」 と I (私) を主語にして, 相手を冷たく突き放すのではなく, 自分の気持ちに愛情を込めた形で, 然も, 言いたい事をきちんと伝える話し方がそうである.

最近, 比較的安易に 「癒し」 と言う言葉が使われているが, 相手の気持ちを汲み取りながら, その相手の人の個人として人間性を守る事, この人に任せたら安心, と相手に感じて貰える環境づくりが, 医療の現場では重要だ, と高橋先生は主張している.

然し, こう言った 「笑いのメッセージ」 や 「アイ・メッセージ」 は何も医療現場に限った話ではなく, ストレスの多い社会に生きている我々にとって, 日常の対人関係においても欠かせない視点であると思うのである.
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html

(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)

咬筋を鍛える2009/11/21 16:43

食べ物を良く噛んでゆっくり食事を摂る事は, 消化に良い事は勿論だが, 肥満防止にも繫がる事をご存知だろうか?

食べ物を良く咬む事, 即ち, 咬筋を動かす事は, 脳内の 「ヒスタミン神経系」 を活性化し, 食欲を低下させるのである.

また, ゆっくり時間を掛けて咬む事は, 当然の事ながら, 食べ物がゆっくりと胃に入って行って消化・吸収される為, 血糖値の上昇や血中の食欲ホルモンの分泌が抑制され, 脳が満腹を感じて食欲が抑えられる.

更に, 咬む事は脳を刺激するので学習能力や記憶能力を高める, との報告もなされていて, 口腔の機能に止まらず, 全身に大きな影響を及ぼしている事が明らかになって来ている.

昔は顎の張った顔をした人が少なくなかったが, 最近の若い人の顔は顎が小さくなっていると言われる.

堅い食べ物をあまり食べなくなって来ているのがその一因であろう. 硬いものを食べると, 必然的に良く咬んでから呑み込む事になる.

結果として, 唾液が大量に分泌され, 歯も丈夫になり, 咬筋が鍛えられ, 脳も刺激され, 肥満防止にも繫がる.

子どもには硬い食材も大いに食べさせるべきであろう.

医食同源である.
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html

(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)

自律神経の調節2009/11/29 09:06

人間は, 様々な精神的ストレスや日常生活の不摂生から, また, 35 歳を過ぎる頃から, 交感神経と副交感神経の切替えがスムーズに行かなくなって, ホルモンのバランスが崩れ, 自律神経に乱れが生じて来る.

詰り, 交感神経の異常な緊張状態が続いてしまう結果, 様々な病気が惹き起される.

交感神経が緊張して, 血管の収縮状態が続くと血液循環が停滞するので, 炎症が起き易くなる.

筋肉も強張って解れ難くなる. その為, しつこい肩凝り, 腰痛, 頭痛, 冷え性などに悩むことになる.

また, 心臓からの血液拍出量も増加し, 高血圧も惹き起される.

更に, 交換神経は腸の蠕動運動を鈍らせるので, 便秘がちにもなる.

脳もずっと興奮状態に置かれる為, 睡眠が浅くなって不眠症になる場合もある.

この様に, 慢性症状の原因は, 根本の処で, 自律神経の乱れと言う問題に帰結する.

慢性疾患の治療では, 特に交換神経の異常な緊張を取除く事が重要である.

肩凝り, 頭痛, 腰痛などの関節痛から胃腸病, 高血圧, 不眠症, 不定愁訴など, 自律神経のバランスが崩れる事が原因となっている事がすくなくないのである.

経穴 (ツボ) を刺激する鍼灸が, 自律神経のバランスを調節するのに適している事は言うまでもない.
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html

(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)