養生訓を読む (3)2009/12/07 04:37

凡そ薬と鍼灸を用るは, 止む事を得ざる下策なり. 飲食, 色慾を慎み, 起臥を時にして, 養生を良くすれば病なし. 腹中の痞満して食気つかゆる (痞える) 人も, 朝夕歩行し身を労働して, 久坐久臥を禁ぜば, 薬と針灸とを用ひずして, 痞塞の憂ひなかるべし. 是上策となす. 薬は皆気の偏りなり. 参芪朮甘 (ジンギジュツカン, 薬用人参のこと) の上薬と謂へども, 其病に応ぜざれば害あり. 況や中下の薬は, 元気を損じ, 他病を生ず. 鍼は瀉あり手補なし. 病に応ぜざれば元気を減らす. 灸もその病に応ぜざるに妄 (ミダリ) に灸すれば, 元気を減らし気を上す. 薬と針灸と, 損益ある事かくの如し. 止む事を得ざるに非ずんば, 鍼, 灸, 薬を用ゆべからず. 只, 保生の術を頼むべし. [巻第一 (15)]

これも主旨はお判りと思う.

病気になってから, 薬や鍼灸に頼ろうとするのは最も下手なやり方で、養生第一に努めれば病気になどは罹らないものだ.

薬はどんな名薬と謂えども身体に害を及ぼすものだし, 鍼灸も正しく施術を行わねば, 気を整える処か, 却って精気を奪ってしまう事にもなり兼ねない, と言っている. 

病気にならないのが一番望ましい事であるのは言を俟たない. その為の 「養生」 なのであるが、人間意外とこれを実践出来ず, 病気になって初めて健康の有難さを実感するのである.

甲の薬は乙の毒, と言う諺があるが, 漢方薬 (生薬) と言えども, 基本的には人間の身体に害 (副作用) を及ぼす可能性は否定出来ない.訳である.

人間の身体は誠に神秘的で, 人によって感受性が異なっている. 実際に患者さんを診ていると, 鍼よりも灸の方が効く人もいれば, 鍼の方が効く人もいる.

また, 同じ刺激量を与えても, 直ちに効果の出る人もいれば, 或る程度時間が経過してから出る人もいる.

益軒は, この辺りの機微を良く弁えていた事を窺える記述であると思う.
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html

(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)

「静止視力」と「動体視力」2009/12/12 04:18

視力には 2 種類あって, 新聞を読んだりする時の様に, 静止した物体を見る 「静止視力」 と, 動いている物体を見極める時の 「動体視力」 とである。

通常, 両目の視野は, 左右で 180 度, 上下で 130 度である. が,正確に物の色彩や形状を認識できるのは中心視野と言って, これは, 僅かに 5 度である.

従って, 速い速度で動く物を見る時は, 如何に素早く中心視野がそれを捉えられるかが鍵で, 後者の 「動体視力」 が問われる事になる.

9 年連続で 200 本を超える安打記録を米タ大リーグで樹立したイチロー選手は, この動体視力が抜群に優れていると言われる. 

一方, 高齢者による車の運転は事故を起す危険性が高くなる傾向にある.

瞬時の身体的反応が鈍くなることがその主たる要因であるが、「動体視力」 が衰えている事がその背景にあると考えられる.

「静止視力」 も 「動体視力」 も共に老化によって機能は衰えて来る.

然し, 訓練次第でこの機能低下を食い止め, さらには向上させる事も可能なのである.

「動体視力」 を向上させるには, 先ず, 肩幅で両手を真直ぐに突き出して親指を立てて, 顏を動かす事無く左右の親指を素早く交互に見る.

暫くしてこれに慣れて来たら, 両手の幅を徐々に広げて行ったり, 上下斜めに動かし, 親指を素早く交互に見る運動を繰返す.

通勤中に電車の中から外の看板などを読む事も 「動体視力」 は鍛えられる.

また, 両方の眼球を上下・左右・斜めに動かしたり, 右回旋・左回旋を交互に繰返したり、眼球を運動させる事も効果がある.

長い間, 目を使う仕事をしていると, 目が疲れて視力が低下し, 目が痛んだり, 酷い時は頭痛がしたりする.

そんな時にも眼球運動は効果を発揮する.

この眼球運動に加えて, 目の周辺のツボ (睛明, 承泣, 瞳子髎, 太陽など) を按摩したり, 眉の上 (攅竹, 絲竹空, 魚腰, 光明など) を擦ったりすると, 目の周辺の血流が良くなり, 症状が速やかに改善するので、試してみて欲しい.

N.B.
1) 睛明 (セイメイ) : 内眼角の約 5 mm 内方, 目頭と鼻根との間
2) 承泣 (ショウキュウ) : 瞳孔直下 (下眼窩縁) の凹み
3) 瞳子髎 (ドウシリョウ) : 外眼角の約 1 cm外方
4) 太陽 (タイヨウ) : こめかみ
5) 攅竹 (サンチク) : 眉の内端
6) 絲竹空 (シチククウ) : 眉の外端
7) 魚腰 (腰) : 眉の中央
8) 光明 (コウメイ) : 眉の中央上縁
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html

(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)

鎌田 實の「この人に会いたい (16) 米長 邦雄さん - 日本将棋連盟会長」を読んで2009/12/17 21:29

鎌田 實先生のブログ 2009 年 12 月 13 日 (日) 版は大変興味深いテーマを扱っていたので, 以下に紹介したい.

この人に会いたい (16) 米長 邦雄さん - 日本将棋連盟会長

『癌ノート ~ 米長流 前立腺癌への最善手』 (ワニブックス) という本を読んで, 面白いなと思った. 66 歳で前立腺癌になった. しかも広範囲の前立腺癌. 手術を勧められたが, 色んな情報を集め, セカンドオピニオンを受けたりしながら, 放射線治療も選択の一つと考えた.

ブラキセラピー (小線源療法) の, 埋め込み式の低線量率組織内照射は, 癌が前立腺の両側にあるために弱過ぎる. 癌の進行を止められないと言われた.

彼は, 手術に傾きかけるが, 高線量率組織内照射という放射線治療があることを知る. 最近の前立腺癌の手術は, 神経温存療法も行われるようになり, 尿漏れや勃起不全などが起り難いと言われている. それでも 2, 3 割は, 機能不全を起こす可能性がある.

そこで彼は, 情報を集め, セカンドオピニオンを受け, 自分にとっての最善手は何か, 選択しようとする. 勝負師米長は, 正しい情報と客観的な判断, そして, 最後にそのドクターの持っている運気をみて決めたと言う. 運気と言うのは, 面白い.

米長さんは, 笑いながら言った.
「タイガーが今, 大騒ぎされているが, 運気のない女性と付き合ってしまったことが問題なんだ」
「そうですか, じゃあ, あげまんの女性と付き合わないといけないですよね」
と, ぼくは切り替えした.

以前, ぼくは 62 歳の男性の奥さんから手紙を貰った事がある. 優しかった夫が, このごろイライラしていると言う. ぼくは, 定年退職後, 精神的な過渡期で, 暗くなったりする事がある, 長い目で支えて上げて下さい, と手紙で返事をした.

また, 奥さんから手紙が来た. 孫にも優しかった夫が, 孫を怒鳴ったり, 私を怒鳴ったりする. 実は, 話し辛いのですが, と前置きし, 夫はセックスが出来なくなった, と書かれていた.

その書き辛い事を書いて呉れた事で, 漸くピンと来た. 前立腺癌でホルモン療法をしているので、薬の影響もあると思った. 泌尿器科の先生と相談をして, 直ぐに改善する事が出来た. 奥さんから, 元の夫に戻りました, 優しくて強い夫です, とニヤッとしてしまう手紙を貰った.

セクシュアルなテーマは, 大事な事なのに, なかなか相談し辛い. 初めの手紙の時に, 勘のいい医師ならば, 言い辛い事を言わせずに済んだかも知れない. ぼくは, 定年退職後の精神的なショックと言う事で片付け様としていた事を反省した.

癌の治療では, 命を助けるために, 尿漏れや勃起障害などについては余り斟酌しない空気がちょっとある. 命が少しでも助かる方法を選ぶのか, セクシュアルな事も含めた QOL を選ぶのか, 患者さんそれぞれの価値観によって選択するのが, その人にとっての最善の治療法となる.

稀代の勝負師が何通りもある指し手の中から, どうやって自己決定したかが良く判った. インタレスティングな時間であった.

私は, この鎌田先生のブログを読んで, 映画 「My Way」 を想い出した.

フランク・シナトラの歌でもお馴染みかと思うが, 同じ初老の主人公が勃起不全に陥った事から, ある種の戸惑いとそこからの立ち直りと言ったものをテーマにしていた映画であった.

夫のみならず, 同じ様な性に関する問題を妻としても抱えている事もあろう. 或る意味, 不定愁訴もそう言った背景を抱えている場合がある. また, 高血圧症の遠因として, その様な問題が潜んでいたりもする. 東洋医学的観点からは, 本治法 (根本療法) と標治法 (局所療法) にも関って来る可能性があり、無視できない問題でもある.

患者さんにとっての最善の治療とは, その人の全人格を掴んで初めて明らかになるケースもなくはない. その意味で, 以前にもこの欄で触れたが, 臨床に際し, 患者さんと施術者 (医者) との 「ラポート関係 (信頼関係)」 の構築は何時も心掛けねばならないと肝に銘じている.
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html
(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)

緑陰診療所 増田 進所長の「森の診療所の終の医療」を読んで2009/12/22 21:47

増田所長は東北大学医学部を卒業後, 岩手県沢内村の国保沢内病院の副院長として赴任. その後, 1975 年院長に就任.

沢内村健康管理課長を兼任し, 全国に先駆けて老人医療費を無料化した村で, 医療・介護・保健活動を一体化させた 「沢内方式」 を完成させる. 医療費の伸びを抑えながら村民の健康を守った業績は, 地域医療史上の金字塔として語り継がれている.

2007 年, 現状にそぐわない健康保険制度の枠を離れて患者と向き合いたいと, 自由診療による「緑陰診療所」を岩手県雫石町に開院.

長年に亘る地域医療への貢献に対して, 厚生大臣表彰, NHK 東北ふるさと賞, 若月賞, 保健文化賞などを受賞. 2008 年には春の叙勲 (瑞宝双光章) を受けている. 知る人ぞ知る地域医療に関する第一人者である.

この本を読むと, 老人医療が無料と言う環境下, 患者にとって本当に必要な医療とは何なのか, また, 現代社会の医療が抱えている問題点は何なのか, が明確になるだけでなく, 増田先生ご自身の医療に関する考え方がよく理解できる.

中でも私が興味を持ったのは, 増田先生が診療に鍼治療を取り入れられている点である. 以下に、参考までに, 先生の著書から一部引用したい.

沢内病院や田老病院では、診療に鍼治療を取り入れて来たが、西洋医学による治療の、あくまでも補助的なものとしてやらざるを得なかった。
鍼治療で料金を請求すれば「混合診療」になり、保険診療の規定に違反することになる。 鍼治療で治療費を貰う事は出来ない一方、鍼治療を求めて、患者さんはどんどんやって来る。
そのため、病院の経営上、鍼治療は肩身の狭い診療になっていた。 この鍼治療を新しい診療所で自由に発展させたかった。
鍼治療には解明されていない部分が多いが、鍼の刺激で体が確かに変化すると言う事は実感しており、鍼治療を進めて行けばもっと新しい世界が広がる様に思えた。 鍼治療の奥行きをさらに深めてみたかったのだ。
...ここに来る患者さんは、今までかかっていた病院の悪口から始まることも多くて、大変な時もあるが、話を聞くと、尤もだと言う言い分も多い。 「先生はパソコンばかり見ていて私の顏を見たことがない」 私が膝に触ると、「まだ、医者に膝を触られたことがない」 と言う人もいた。
とにかくレントゲンや MRI を撮って検査をして、湿布と薬を出して終り。 それでもまだ痛いと言うと、心療内科に廻されて精神安定剤を飲まされたケースもある。
何処か、患者さんを突き放した様な医療が多い様に感じる。 もう少し患者さんに寄り添ってみてもいいのではないか、と思う。
...私が鍼治療を始めたのは、昭和 40 年代半ばからである。 沢内病院で外科系を担当していた私のところには、肩が凝る、腰が痛い、膝が痛いと言う患者さんもやって来た。
それに対して、さて如何治療するか、医学の参考書を見ると機械で牽引するとか、電気機器で温める、湿布する、とある。
私自身も若い頃に腰を痛めたことがあって、椎間板ヘルニアの症状があり、ためしに教科書どおりに治療してみたのだが、ちっとも良くならない。 患者さんに同じ様に治療をしてみても、どうも効果が上がらないし、痛みは治まらない。
痛みが強い箇所に麻酔剤を注射するトリガーポイント・ブロックと言う治療があり、それを試みた処、劇的に良くなる場合があった。 「先生、お蔭さんで良くなった。 本当に感謝です」 と言ったおばあさんがいた。
こんな風に良くなる人がいる一方、全く良くならない人もいる。 更に悪い事には、注射する以前よりも悪くなる人がいる。 「注射して貰ったら動けなくなった」。 また、「堪らなく痛い」 と言われる事もあった。
詰り、同じ治療法でも、良くなる人、良くならない人、逆に悪くなる人、と色々経験したのだ。 そこで、昔から行われてきた鍼治療はどうだろう、と一寸試みてみた。
すると、鍼の場合には、良くなった、或いは変らないと言われることはあっても、悪くなったと言う例がとても少ないのだ。
鍼は体に優しいと興味を持つ様になり、勿論西洋医学的な療法と併行して、鍼治療も取り入れる様になって行った。
私が鍼でも治療していると聞きつけて、方々から沢内病院に患者さんが来るようになった。
一番劇的だったのは、帯状庖疹が顏に出来て、顏が麻痺してしまった或る名士だ。 大学病院に 3 ヶ月入院したが、良くならなかったと言う。 顔面神経麻痺と同じ様に手当てをしたら直ぐに効果が現れた。 「お蔭様でまた人前に出られる様になった」 と言われた時は嬉しかった。
作家で翻訳家でもあったきだみのる氏が沢内村に逗留していた事があり、時々 「鍼を打ってくれ」 と頼まれた。 「打って貰うと、原稿が捗る」 と言って帰って言ったものだ。
最初は見様見真似で鍼を始めたのだが、だんだん効果を実感して、治療に取り入れる割合が増えて行った。
ただ、患者さんの中には 「鍼より注射してくれ」 と言う人が必ずいるので、勿論注射もする。 鍼を打ってくれと言う患者さんには鍼と言う風に、患者さんが希望する方の治療をするのだが、ただ、鍼の方が副作用が少ないと言うか、悪くなる人がいないだけ、やり易いのは確かだ.
...鍼で確かなのは、効く人が多いと言う事だ。 人間の体の反応を利用して治療している様な処があり、上手にやれば、確かにかなり効果が上がる。
然し、人によって様々で、うんともすんとも痛みを感じない人もいるし、かなり痛みを感じる人もいる。 効果が上がる人も上がらない人もいる。 私はその違いを見究めたいと思っている。

以上の如く, 東洋医学である鍼治療の奥深さをこの様に解説している.

残念ながら, 鍼と言うと, 「痛いのではないか?」, 灸と言うと 「熱いのではないか?」 との先入観を持っておられる人がまだまだ沢山いらっしゃるのが現実である.

然し、鍼にも灸にも, 痛くない鍼, 刺さない鍼, 熱くない灸など, 幾つか種類があり, また, 施術法にも幾つか流派があるし, 患者さんの体質により, 鍼の方が適している人もいれば灸の方が効く人もいて, 様々である.

けれども共通して言える特徴は, 西洋医学に較べて圧倒的に副作用の心配が少なく, 施術を受けて症状が悪化すると言う心配は先ず必要ないと言う点である.

これは増田先生もご指摘している通りである. その意味で, 妊娠中や授乳中の女性など, 薬を服用出来ない状態にある患者さんには恰好の医療であると断言できる.

基本的に, 東洋医学は, その人が本来有している 「免疫力 (気 = 生命エネルギー)」 を高めてあげる働きを基本とする.

西洋医学でも同じであるが, 病気を治すのは患者さん本人なのである.

ただ, 西洋医学が局所療法 (例えば, 癌患部の摘出手術など) なのに対して, 東洋医学は, 癌ならその癌がどうして発生したのかその根本原因にまで遡って対応しようと言う考えが基本にあるのである.

勿論, 慢性的疾患の場合, 本人の免疫力を高めてあげるのに, 或る程度の治療期間が必要になるのは言うまでもない.
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html
(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)

鍼灸治療とは何か? - (1)2009/12/26 22:08

鍼灸治療とは, 或る一定の法則に従って, 鍼や灸で身体の表面に存在すると言われている 「経穴 (ツボ)」 に刺激を与えて, 病気の予防や治療を行い, 健康の維持・向上を図るものである.

その期待される効果としては,
1) 鎮痛作用
2) 末梢微小血液循環改善作用 (血行の改善)
3) 自律神経系統などへの作用
などを挙げる事ができる.

昔は, 鍼や灸をすると, 風邪を引かないなどと言われ, 病気に対する抵抗力, 自然治癒力などの 「免疫活性」 が高まるとされて来た.

ツボは一定の系列 (気の通路) に分類・整理されているが, この系列を「経絡」 と呼んでいる.

ツボに鍼や灸をすると, その刺激は特定の経絡を通って或る臓器や部位に到達し, その働きを調節し, 身体の恒常性 (ホメオスターシス) を維持する様に作用すると考えられている.

然し, その作用機序については未だに詳細が解明されていない. けれども, 現代医学的な観点からも研究が進められており, 鍼灸治療の作用メカニズムは, 徐々にではあるが, 漸くその秘密の一端が明らかにされようとしている.

よく 「ツボを抑える」 などと言われるが, これは物事の要点を上手く捉える, とか, 肝心な事を心得ている事を意味する.

健康を保ち, これを増進し, 病気を治す上でもこれと同じ事が言える.

ツボとは, 身体に起る色々な症状を治す治療点, 或いは急所の事である. (現在, ツボの数は WHO (世界保健機構) では 361 個と決められている.)
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html
(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)