身体の「冷え」と HSP (Heat Shock Protein = 熱ショック蛋白)2010/02/01 22:30

先週金曜日 (1 月 29 日) の 19:30 から NHK の 「特報首都圏」 で, 『"冷える" カラダ ~温かい体を取り戻せ』 と題した番組が放送された. ご覧になった方も多いのではないだろうか. 

番組によると, 日本人女性の凡そ半数が冷えに悩んでいる.

その原因としては, 冷暖房の普及, 運動不足, ストレスなどが挙げられ, 我々の暮しには冷えを生み出す条件が揃っている訳である.

そして, 冷えが原因となって, 腰痛, 皮膚の痒み, 湿疹など, 様々な体調不良が惹き起された人の例を紹介していた.

処で, 東洋医学の権威の一人, 石原結実先生は, 体温が平熱より 1 度下がると 30% 強免疫力が低下し, 逆に 1 度上がると 5 - 6 倍も免疫力が上昇すると説いている. また, 野生動物の場合, 病気や怪我をすると 「食事をしない」 か 「発熱」 かで病気を治すのだそうである。

一方, 愛知医大の伊藤要子助教授は, 生体に熱が加わると, 60 兆個の細胞の中に HSP (Heat Shock Protein = 熱ショック蛋白) が産生され, この HSP は, 細胞内の古くなった蛋白質を破壊処理し, 傷付いた蛋白質を修復し, また新しく蛋白質を合成して, それぞれの細胞そのものを強靭にし, その総和である人間の健康度を向上させると説いている.

人間の体温は, 通常, 36 - 37 度に保たれているが、この温度の時, 人間の体内にある種々の酵素が最も活発に活動できるのだそうである.

体温が下れば, 当然 HSP の産生も衰えるので、免疫力が低下してしまうのだ.

番組では, 長時間緊張状態にいる事で, 交感神経と副交感神経の切り替えが上手く行かなくなり, 結果として血行不良に陥り, 体が冷えてしまうとも言っていた.

風邪は万病の元とはよく言われる事であるが、現代の超ストレス社会においては 「冷えは万病の元」 と言っても過言ではないとの印象を受けた.

冷えの対策として, 一つは血流改善作用のある生姜を食生活に積極的に取り入れる事, また, 運動不足にならない様に普段から心掛ける事が大切だと言っていた.

筋肉は熱を溜め込んだり、体内の熱を維持する力がある.

筋肉量が低下すれば, 当然体内温度も低下する. また体を動かす事によっても, 体温を高める事に繋がる. 運動は, 人間の健康維持には欠かせないものなのである.

野生動物に鑑みても, 「腹八分目」 で運動などで 「身体を温める」 事が病気の予防や治療の促進に繋がる事が判る.

勿論, 鍼や灸でツボを刺激して冷え対策を講ずることも可能である. 極く一般的なツボとしては 「三陰交」 「太谿」 「腎兪」 などが挙げられる.
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html
(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)

無縁死 - 「無縁社会」 から生じた “新たな死” の形2010/02/02 20:46

今回は, 健康とは些か関係のない話題「無縁社会・無縁死」について書いてみたい.

1 月 31 日 (日曜日) の夜 21:00 から NHK でスペシャル番組 「無縁社会」 について放送していた。

番組によると, 日本は自殺率が先進国の中でワースト 2 位.

NHK が全国の自治体に行った調査では, ここ数年 「身元不明の自殺と見られる死者」 や 「行き倒れ死」 など, 国の統計上ではカテゴライズされない 「新たな死」 が急増している事が判明した.

なぜ誰にも知られず, 引き取り手もないまま亡くなっていく人が増えているのか, その 「新たな死」 の軌跡を丹念に辿って行くと, 日本が急速に 「無縁社会」 とも言える, “絆を失ってしまった社会” に変っている実態が浮き彫りになった, と報道していた.

「無縁社会」 は, かつて日本社会を紡いできた 「地縁」 「血縁」 といった地域や家族・親類との絆を失って行ったのに加え, 終身雇用が壊れ, 会社との絆であった 「社縁」 までが喪われた事によって生み出されている, と断じている.

また, 取材を進めるうちに社会との接点をなくした人々向けに, 死後の身辺整理や埋葬などを専門に請け負う 「特殊清掃業」 や NPO 法人がここ 2 - 3 年で急増してもいる, と言う.

無縁死に対して今や自治体が対応することも難しい中, 自治体の依頼や将来の無縁死を恐れる多くの人からの生前予約などで需要が高まっているからだと言う.

我々日本人が或る意味選択し, そして構造改革の結果生み出されてしまった 「無縁社会」 ではある.

「生涯未婚」 については何をか況や, 「少子化」 の傾向に一向に歯止めが掛かりそうもない若者世代が益々増えている昨今, 「無縁社会」は今後も拡大を続けるもの懸念され, 従って, 「無縁死」 もまた社会問題として顕在化してくるであろう.

既に, この様な 「無縁死」 は年間 32,000 人を超えていると言う. 実に, 毎日 90 人前後の人が無縁死を遂げていることになるのである.

鳩山首相は今国会の施政方針演説で 24 回も 「いのち」 と言う言葉を用いて, 「いのちを大事にする政治」 を標榜したが, 理念だけが突っ走っていて, 何ら中長期的展望に立った具体策が見えて来ていない.

例えば, 我々按摩・マッサージ・指圧師, 鍼灸師にとって, 「統合医療」 の積極的推進を実施する事なども 「いのち」 を大事にする政策の一つであると思っているのだが...
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html
(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)

須川 邦彦著 「無人島に生きる 16 人」 (新潮文庫) を読んで2010/02/04 22:08

明治時代に漁業調査に出掛けて行った帆船 「龍睡丸」 が難破, 16 名の船員が無人島に辿り着き, 最悪の状況から無人島生活を始める.

言うまでもなく, 当時は携帯電話などある筈もなく, 近くを通り掛った船にただただ助けを求めるしか方法がなく, 何時船が通り掛るのかも判らない状況下で, 辛抱強く船の現れるのを待つしかない無人島の生活を送って行く実話である.

通常は, この様な状況に陥ると, 人は落胆したり, 絶望したり, 或いは仲間割れが起きたりすると想定される.

然し, 龍睡丸の 16 人の船員たちは, 船長が中心となって, 各自の役割分担をきちんと割り振り, 何時しか無人島を後にし, 日本に戻る日を夢見て, 何年掛かるか分からない無人島での共同生活を出来るだけ楽しく送ろうとする努力して行くのである.

処で, この無人島での共同生活を楽しく暮して行くために船長が作った約束事が極めて示唆に富んでいる.

1 つ : 島で手に入るもので暮して行く
2 つ : 出来ない相談を言わない事
3 つ : 規律正しい生活をする事
4 つ : 愉快な生活を心掛ける事

以上は, 便利過ぎるとも言える現代生活において, 精神の健全性を保つ上で, 決して無視出来ないものを含んでいると私は思うのだが, 皆さんは如何お考えだろうか?
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html
(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)

善玉菌と免疫能2010/02/08 21:30

人間の腸内には多くの細菌が棲み付いている.

その中には生きて行く上で不可欠な善玉細菌もいれば、色々な害を及ぼす悪玉細菌もいる.

私たちは様々な病原菌やウィルス等の攻撃から身を守るために, 抗生物質などの薬剤を次々と開発して来た.

が, 病原菌やウィルスは生き延びるために, 次第にこれら薬剤に対する耐性を獲得する様になり、さらに新しい薬剤の開発を余儀なくされている.

さは然り乍ら, 人類の長い歴史の中で, 私たちが病原菌などの外敵と戦ってこられたのは, これら薬剤のお蔭でもあるが, 実は腸内に生育するビフィズス菌を初めとする善玉菌によって自らの免疫能を高めているからでもある.

然し, 残念なことに, 高齢になるに連れ, これら善玉菌は数量が減少して行き, 充分な効果を発揮出来なくなったり, 悪玉菌にとって変ったりするのである.

そうなると脹の機能が低下し, 便が臭ったりするので, 便の臭いで自らの免疫能の状態を確認する事ができる.

では, 衰えた免疫能を高めるには如何すればよいか.

それには生きた善玉菌であるヨーグルトを摂るか, 善玉菌の餌となる食物繊維を沢山食べる様に心掛けると良い.

按摩・マッサージ・指圧, 鍼, 灸などの東洋医学も, 免疫能の強化に有用である事は言うまでもない.

日々の健康の維持・増進に積極的に活用して戴きたい. 未病を治す, のが東洋医学の原点である.
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html
(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)

熱を大切にしてあげよう2010/02/12 21:57

埼玉県医師会常任理事の伊原 徹太先生が次の様に警告している.

「風邪やインフルエンザに罹ると何故熱が出るのか? それは風邪やインフルエンザのウィルス等の外敵は, 熱に弱いからである.

人間の身体は何百万年前からその事を知っていて, 身体の中にその様な外敵が侵入して来ると, 彼らと闘うために, 脳から指令をだして熱を出しているのである.

詰り, 熱が出るのは, ウィルス等の外敵をやっつけるための防衛反応の一つなのである.

従って, 解熱剤などを使って風邪などは治り難くなってしまう.

また, 高熱が続くと脳細胞がやられたり, 溶けてしまうと思っている人も多いが, そんな事はない.

脳細胞がやられてしまうのは, ウィルスや細菌が脳にまで行ってしまったからであって, 高熱が原因ではない. 寧ろ, 解熱剤の多用が脳障害の原因ではないかと言われている.

詰り, 熱は我々の味方なのである. 高熱が何日も続いて体力が消耗してしまったり, 夜寝る時に高熱や頭痛が酷くて眠れない様な場合には, 例外的に使用する事は止むを得ないが, 単に熱が出たからと言って安易に熱を下げようとするのは止めて戴きたい.」

小さな子どもはよく熱を出すものだが, 熱を出すのは, 不思議と夜や休日に多いので, 若い母親は夜間や休日に診療している病院を捜すのに苦労する様である.

然し, 伊原先生の仰る如く, 熱が出ただけなら, 慌てる事無く, 温かく布団に寝かせて汗を掻かせてしまえば, 翌朝, 熱は下ってしまう事が少なくない.

その代り, 汗を掻いて濡れた衣類は小まめに着替えさせてやる事を忘れないようにしよう.
-----------------------------------------------------------
はり・きゅう・マッサージ トミイ
http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html
(なお, 診療予約時、「健康小話」 を読んだ, と言って戴いた患者さんは,
初診料が半額になります.)