(1315) 岩盤は何故崩れないか (3)2013/10/01 03:40

宮内氏は更に続けて, 以下の様に語っている (9/27 付).

1990 年代から 20 年近くも携わった規制改革に, 愉快な思い出はあまりない.

規制改革は経済活動の効率を上げ, 豊かな富を社会に提供するのが目的だ.

効率を阻害する要因を取り上げ, それが社会的に意味を持つかどうかを議論し, 折り合いをつけて社会全体にプラスになる様に動かす事にある.

然し, 岩盤と言われる所にぶち当ると, 政争の餌食になり始める.

規制改革会議の議長から私を降ろそうとする画策が蠢き出した.

「次期規制改革会議の体制について (案)」 と題する A4 判の 2 枚紙が出回っていると報じられた.

「05 年夏に日本郵船の草刈 隆郎会長を議長とし, 宮内氏は退任する」 「改革担当相が宮内, 草刈両氏と経団連会長との夕食の機会を設けて確認するのも一案」 などと書いてある.

日付は 2004 年 2 月 20 日. 詠み人知らずの怪文書だ.

04 年に会議に加わった草刈さんは総括主査として改革を支えてくれた同志. 小泉政権後に議長に就き, とても苦労される事になるが, 任期途中での議長交代などお互いに寝耳に水.

岩盤を砕くのに夢中だった私は, 知らぬ間に岩盤から突き落されそうになっていた.

怪文書は一例に過ぎない.

担当相が 「宮内さんは辞めるハラを固めたようです」 と小泉首相に囁いたり, 逆に改革派への抗議のため 「一緒に辞めましょう」 と言われたり.

背後に抵抗勢力の動きがあったのだろう.

政治家のあの手この手は驚きの連続だった.

議長降ろしを画策し, 会議の力を削ごうとする動きが増えたのは, 改革が前進する事への危機感の表れだ.

小泉首相は妙な話に取り合わなかったし, 竹中 平蔵経済財政相からは的確な助言を戴いた. 委員の多くは献身的に働いてくれた.

(中略)

会議が改革にのめり込むほどに抵抗は激しくなった.

私個人に止まらず, オリックスを悪者にする空気を蔓延させようとする圧力団体も台頭した.

例えば, 混合診療を解禁すれば民間保険の商機が広がるので, 宮内はオリックスの関連保険会社のために主張しているとの声まで出た.

04 年秋に 「みんなのためという混合診療解禁は, 実は一部の人だけに嬉しい改革かもしれない」 という内容の意見広告が全国紙に載った.

広告主はある地方の医師会.

もし保険事業を伸ばしたければ議長など辞めて社業に専念していただろう.

私は自社の事業を前提に規制問題を考えた事は一度もない.

規制改革の意義は, 特別な収益を全ての人に開放する事で, その結果, ある人が得するなどあり得ない.

分野ごとに担当の委員が当局や業界と接触し, 議論を重ねて合意を取っていく. 議長が恣意的に何かをする余地はない.

やろうとしたら, あれだけ見識ある委員が長年私を支えて呉れる筈がない.

強い抵抗に晒され, 思い出した様にオリックス批判が頭を擡げた.

オリックスの顧客の中には規制改革に反対の人もいた. そして取引を失ったという社内報告も幾度かあり, 複雑な思いをした.

以上, 姑息な抵抗勢力に対する, 宮内氏の無念の想いと義憤とがどの様なものであったか, を窺う事が出来る.

過日, 本ブログでも取り上げたが, 統合医療が一向に前進しない理由も, こんな裏舞台を知ると, "ムベナルカナ"と思い至ったのである.

安倍サンは憲法改正に意欲的である.

確かに, 今の世界情勢に鑑みれば, 国を守る体制はこのままで良いか? 日本国民なら誰しも不安に感ずる処があるであろう.

兵は拙速を尊ぶ, と言う言葉もあるが, 事は 「集団的自衛権」 の問題のみで解決できるのか?

国民の一人ひとりが納得出来る様, 議論が尽くされるべきであろう.

言うまでもないが, TPP は勿論, 憲法改正問題も, 岩盤である抵抗勢力や既得権益集団との闘いである.

これまで享受出来てきた利益を失うか否かの問題であるから, 闘いは当然熾烈にならざるを得ないのだ.

規制緩和により, 社会的格差が拡大し, 弱者が増大した, とかの批判意見もある.

然し, 規制緩和されなかったら, 果して格差はこれほど拡大しなかったのか?

モノには総て表と裏, プラスとマイナスとがある.

或る時は, プラスの面だけが強調され, 或る時は, マイナスだけが取り沙汰される.

時計の振り子の様なもので, 大きく右に触れれば, 次は大きく左に触れる. その結果として, 時には, 生贄 (Scape Goat) を出しながら...

それが世の常というものである. それにしても, 霞が関の岩盤は未だに崩れる気配を見せていない様だ.

本日のカット写真提供 : 下平 宏 氏 (花シリーズ)

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@tcat.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.
・モニター希望者募集中. (詳細お問合せ下さい.)

(1316) 岩盤は何故崩れないか (4)2013/10/02 03:29

更に, 宮内氏は続けている. (9/28 付)

オリックスが思いがけず話題にされる事は, 私が規制改革会議から身を引いた後も時折あった.

その中で, 今も得心出来ないのは 「かんぽの宿」 を巡る騒動だ.

2008 年 12 月, 日本郵政は年間数十億円の赤字漬けだったかんぽの宿の一括譲渡先にオリックス不動産を選んだ.

それが発表されて暫くすると, 所管する総務相が待ったをかけたのだ. その理由が不可解極まりない.

「規制改革会議の議長だった宮内氏は郵政民営化を主導した. 国民が出来レースと受け取る可能性がある」

到底納得できる物言いではないが, メディアはオリックスを悪者に仕立てたストーリーを流した.

公共の施設を買い叩き, 儲けようとしているのではないか, 日本郵政の西川 善文社長との間に 「出来レース」 を疑わせる何かがあるのではないか... こんな具合だ.

私は小泉政権の郵政民営化を支持はしたが, 当時の規制改革会議で取り扱うテーマではなかった.

そもそもかんぽの宿は不動産だけの売買ではなく, 宿泊事業の譲渡である.

然も厳正な入札の結果だ.

落札価格は約 109 億円. 社内では施設改修などに更に 250 億円は掛かると見積っていた.

600 人を超える正社員も引き継ぐ契約だ. 黒字転換は簡単ではない.

寧ろ高値掴みしたのではないかとさえ思っていた.

西川さんとは気安く頼み事をする間柄でもなかった.

関係を取り沙汰されたのは臆測以外の何ものでもない. 結局, この契約は解約となり実行されなかった.

後に日本郵政の第三者委員会は報告書を纏め, 落札価格の問題点を指摘しなかったが, あとの祭りだ.

今考えると, この一件でオリックスが受けた傷は大きかった.

まさに風評被害だ. かんぽの宿はその後も毎年大きな赤字を続け, 国の負担となっている.

最近再び売却の話が出ているが, あの騒ぎは何だったのだろう.

思い起こすと規制改革の花盛りは 90 年代だ.

金融ビッグバンを掲げた橋本 龍太郎首相は, 民の知恵, 創意, 工夫を活かすべく, 先頭に立って動かしていた. 私は改革が前へ進む様子を実感した.

逆に小泉政権の時代は大きな壁に当って話題には事欠かなかったが, 実態はあまり前に進めなかった.

特に医療や保育, 教育, 農業, 雇用の分野では堅い制度の壁に阻まれ, 既得権益の強さを改めて見せ付けられた.

それでもこの岩盤の様な規制をどう変えるべきか. 反対の多い中で議論を煮詰めた.

然し残念なのは, その後今日に至るまでそのうちの 1 つでも 2 つでも前進できなかった事だ.

02 年 2 月, 規制改革会議の委員として活躍戴いた川口 順子さんが外相に就任し, 外務省を 「変える会」 を発足させ, その座長を仰せつかった.

生田 正治さんを初め委員の方々が熱意をもって幾つかの提案を出したが, 果して実効があったのか.

変る事への抵抗はここでも強かった.

「小泉政権のもとで規制改革会議は大活躍した」 とは思い込みに過ぎない. 岩盤に遭遇し立ち往生したのだ.

安倍政権は成長戦略の軸に規制改革を置いている. 突き進むにはこの岩盤を崩していくしか道はない. ぜひ頑張って欲しい.

宮内氏は, 氏が携わってきた規制改革について, 以上の様に総括している.

「かんぽの宿」 を巡る鳩山 邦夫サンの 「出来レース」 発言は, 誰が見ても, イチャモン以外の何物でもない事は, 当時から分っていたが, 典型的な岩盤の一例を如実に顕わしている.

ヤクザ紛いの不愉快極まりない事件であった.

これまでの処, 安倍サンも 「岩盤」 を前に立ち竦んでいるのではないかと懸念される兆候が散見されているのは, 残念と言うべきか.

官僚, 族議員, 教育界, 司法界, 警察, 農協などなど...

既得権益と言うか, 所謂, 利益代表の "ムラ社会" と言う岩盤を切り崩すには如何したらいいのであろうか?

本日のカット写真提供 : 下平 宏 氏 (きびたきシリーズ)

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@tcat.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.
・モニター希望者募集中. (詳細お問合せ下さい.)

(1317) 多臓器摘出による癌切除2013/10/03 02:32

或る日の日経によると, 米コロンビア大学で, 癌の難手術を手掛ける加藤 友朗外科学教授は 「神の手」 を持つ, と称されているらしい.

大切な血管に複雑に絡みついた癌. そのままでは切除し辛いので周辺臓器ごと一旦体外に出し, 癌を切り取ってから臓器を元に戻す.

同大学付属病院の外科医として 10 時間以上はざら, 時には, 24 時間も掛かる手術を年に 5 - 10 例もこなすと言う.

「もっと手術の経験を積みたい」... 大阪大学医学部を卒業, 研修医をしていたが, 転機になったのは 1995 年に米マイアミ大学の門を敲いた時.

「米国は研修医にどんどん手術をさせる」. 臓器移植の技術も学び, それが, 多臓器摘出による癌切除という新手法にも生きていると言う.

言うまでもなく, 米国で医師の仕事を続けるのは 「簡単ではなかった」 のである.

最初は言葉も思う様に通じなかった.

臨床医は通常 1 年契約で, 成績が悪いと 「戦力外通告される」.

生涯雇用契約を結べるよう, 厳しい選抜を潜り抜けてコロンビア大医学部の外科学教授に就く事が出来たと言う.

手術を希望する人は後を絶たない. 他病院で断られた患者も多い.

心掛けているのは 「多分ダメだと, 最初から否定しない事」.

時間を掛けて患者と話し合い, 手術するか決める.

手術では, 細い血管 1 本の縫い合わせに至るまで 「細部に拘り妥協しない」 のが信念だそうだ..

最近, 自身の経験を 「『NO』 から始めない生き方・先端医療で働く外科医の発想」 という本に纏めている.

「若手に読んで貰い, 枠を食み出して柔軟に考える癖をつけて欲しい」 と願っているとの事.

医療に限った事ではない.

物事は先ず 「否定」 で終っては何の発展もない.

肝心なのは 「ならば, 如何したらそれが "実現出来るか?"」 に知恵を絞る事が大切なのだ.

具体的な対案もなしに, 反対ばかりを唱えるだけの国会論争は論争とは言えないのである.

反対の多くは, 既得権益の保護が目的であるからそうなるのであろう.

本日のカット写真提供 : 下平 宏 氏 (きびたきシリーズ)

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@tcat.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.
・モニター希望者募集中. (詳細お問合せ下さい.)

(1318) トドマツとハーブ2013/10/04 03:33

この程, 北海道立総合研究機構林産試験場 (旭川市) の佐藤 真由美研究主任らの研究グループは, トドマツの葉のエキスに血糖値の上昇を抑える効果がある事をラットの実験で確認している.

安全性を確かめながら, 糖尿病治療薬やサプリメントなどの開発を目指す計画の様だ.

同グループによると, インスリンの働きが悪くなると血糖値が上がり易く, 糖尿病の原因となる.

糖尿病のラットを使った実験で, トドマツの葉のエキスを混ぜた餌を食べたラットは, 通常の餌のラットに比べて血糖値の上昇が抑えられた.

分析の結果, エキスに含まれる 「レボピマール酸」 と 「ネオアビエチン酸」 が, インスリンの働きを改善させる事が分ったのである.

更に, 糖尿病治療に現在使われている薬には, 体重増加を招くものもあるが, 今回効果を確認した 2 成分は, 血中の脂質濃度を抑える働きがあり, 佐藤主任は 「副作用の少ない薬の開発に応用できる」 とコメントしている.

化学メーカーの日油 (東京・渋谷) との共同研究で, 製品化の権利に関する特許を出願中と言う.

また, ここ数年, サケの漁獲量が減少傾向にあるが, それは養殖して放流した稚魚が, 寄生虫に冒され易く, 回遊中に多くが死んでしまうのが原因だと言う.

寄生虫が付き易くなったのは, 養殖でホルマリンの使用を禁止されて以降との事で, 北海道中標津町にある 「さけます・内水面水産試験場」 ではホルマリンに替るものを研究してきたが, 地元北海道で採れるハーブであるハッカに注目.

ハッカから抽出した油を餌に混ぜてサケの稚魚に与えた処, 通常の餌で育てた場合に較べて, 寄生虫による被害が 1/5 以下に抑えられたと言う.

同水産試験場ではサケの資源量回復に繋がるものと期待を寄せている由.

従来から, ジンジャー, ナツメグ, シナモンなどのハーブ類を養殖サケの餌に混ぜると, 所謂 "養殖臭" が抑えられ美味しいと評判である事から, これらのハーブを餌に混ぜた養殖サケが市場に出廻っている.

過日紹介した様に, ハーブに限らず, カボス鰤やミカン鯛など, 果実を養殖魚の餌に混ぜると味が良くなるため, 高級養殖魚として産地の漁業活性化に貢献しているのである.

本日のカット写真提供 : 下平 宏 氏 (きびたきシリーズ)

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@tcat.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.
・モニター希望者募集中. (詳細お問合せ下さい.)

(1319) 急性骨髄性白血病に効果ある化合物2013/10/05 02:31

理化学研究所の石川 文彦グループディレクターや虎の門病院などは, この程, 急性骨髄性白血病に効く化合物を発見したと言う.

マウスを使った実験結果であるが, 白血病を引き起こす元凶となる細胞を死滅させ, 異常な細胞がほぼ総て消滅したのである.

2 - 3 年後の臨床試験の開始を目指したい意向の様だ.

急性骨髄性白血病は抗癌剤でもある程度治療可能であるが, 2 - 3 割の患者は薬が効かず再発し易いと言う課題を抱えていたと言う.

見付けた化合物は, 白血病の細胞を生み続ける 「白血病幹細胞」 を死滅させるため, こうした悪性度の高いタイプの治療にも効果が期待出来る様だ.

研究チームは, 白血病幹細胞に特に多く存在する蛋白質に着目.

数万個の化合物の中から, この働きを抑える化合物をコンピューターによる計算などで探し出したのである.

一方, 患者から取り出した白血病幹細胞をマウスに移植して人間の白血病を再現させた.

このマウスに化合物を投与した処, 2 カ月後には癌細胞がほぼ総て死滅し, 正常な血液が戻ったと言う.

癌の幹細胞を死滅させるのであれば, 副作用などを確認してみなければならないが, 新薬候補として有望に見える.

他の癌には如何なのであろうか? 研究の更なる進展を期待したい.

本日のカット写真提供 : 下平 宏 氏 (きびたきシリーズ)

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@tcat.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.
・モニター希望者募集中. (詳細お問合せ下さい.)