(1467) アトピー性皮膚炎のメカニズム解明へ2014/03/02 02:36

この程, 兵庫医科大学の山西 清文主任教授は, 三重大学と共同で, アトピー性皮膚炎発症のメカニズムの一端を解明したとの事.

遺伝子操作をしたマウスの実験で, 「皮膚の細胞に存在する特定の蛋白質の量が増えると発症する」 事を確かめたもので, 治療薬の開発などに繋がると言う.

山西主任教授らは, 表皮細胞に存在する 「インターロイキン 33」 という蛋白質に注目したらしい.

通常のマウスに比べて, この蛋白質を約 10 倍作るマウスを遺伝子操作で得ており, その結果, 清潔な環境下で飼育しても, 顔や耳, 首などで皮膚炎の症状が出た事が確認された.

然も, 発症率は 100% だったと言う.

組織を採取するなどして調べた処, インターロイキン 33 の影響で, 白血球の一種でアトピー性皮膚炎の原因となる 「好酸球」 が増殖していたのである.

皮膚疾患, 特に, アレルギー性のものは慢性化し易く, 効果的な薬の開発が求められている.

発症のメカニズムの全容が解明され, 治療法が 1 日も早く確立する事を期待したい.

痛みに劣らず, 痒みもまた耐え難いものである.

本日のカット写真 : 氷に覆われたスロベニア地方

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@tcat.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.
・モニター希望者募集中. (詳細お問合せ下さい.)