(1529) 癌幹細胞の目印遺伝子2014/05/03 03:28

この程, 京都大学の千葉 勉教授や妹尾 浩講師らは, 癌が生まれる素になる 「癌幹細胞」 の目印となる遺伝子を発見している.

癌幹細胞は, 癌細胞の供給源と考えられており, 目印が現れた細胞だけを殺せば, 癌の再発や転移を防ぐ治療法に繋がる可能性がある.

抗癌剤などで, 通常の癌細胞を叩いても, 癌幹細胞が残っていれば再発する危険が残っている.

これまでに, 目印は多数見付かっているが, 正常な細胞の幹細胞でも働くため, 癌幹細胞と区別出来なかったと言う.

研究チームは, 消化管の正常な幹細胞の目印と考えられていた遺伝子の Dclk1 に注目したのである.

大腸癌のマウスを調べた処, 癌はこの遺伝子が働いた細胞の子孫となる細胞から出来ている事が突き止められた.

この細胞だけを攻撃する毒素を加えると, 癌は 1/4 以下に減少, 然も, 正常な組織に副作用は現れなかった様だ.

Dclk1 が働いて出来る蛋白質は, 細胞の表面に現れる事から, これと結合する物質を探して, 抗癌剤と組み合わせれば, 癌幹細胞だけを攻撃出来る可能性がある訳だ.

Dclk1 は膵臓癌や胆嚢顏など, 他の癌でも, 幹細胞の目印になる可能性があるという.

今後の研究成果に期待が持てると思われる.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@tcat.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.
・モニター希望者募集中. (詳細お問合せ下さい.)

コメント

トラックバック