(1531) 他力本願にさせるな (2)2014/05/05 02:02

ラポートとは, 夫婦や親子などの家族関係, 或いは職場関係などにもなくてはならないものである.

けれども, 患者さんと施術者との間においては, 特に必須のものと言ってよいであろう.

更に, 私は, 常々, 患者さんには 「"鍼や灸をして貰えばそれで治る" と思い込み, 不規則な生活を改めようとしないばかりか, 暴飲暴食を続けたり, 喫煙を止め様とはしなかったりでは, 治る病気も治らない事はお分かりでしょう. 自分の健康は自分で守る, と言う気持が大切です.」 と申し上げている.

何故なら, 凝りや痛みと言うものは, その人の日常生活の積み重ねから来るものだからである.

また, 「病気を治すのは患者さん本人の免疫力 (生命力) なのです. 鍼灸師は, その生命力を高めるお手伝いをしているに過ぎない, と考えて下さい」 とも言っている.

これと同じ趣旨の事を, 次の様に, 竹村先生も指摘しておられるのである.

身体を恢復させるのは, 鍼を打つ鍼灸師ではない.

鍼を打たれる患者さん自身が, 治療において他力本願では駄目である.

恢復に向けて, 諸生活に注意する自力本願の信念を芽生えさせる事が大切である.

鍼灸師は恢復しようとする患者さんの身体の意思をサポートするに過ぎないのだ.

とにもかくにも患者さんに対しての施術は時間内で, 一つひとつ丁寧過ぎる程丁寧にやるべきである.

師匠から教わった 「指一本でもいいから楽にさせる」 と言う信念を, 未だに患者さん一人ひとりに向けている.

以上であるが, 竹村先生には未だ直接お会いした事はないが, 同じ鍼灸界に身を置く者として, 同じ目標に向かっている仲間がいる事は嬉しい限りである.

本日のカット写真提供 : 下平 宏 氏 (カワセミ・シリーズ :「私, 待つわ」)

Have a nice GW holiday!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@tcat.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.
・モニター希望者募集中. (詳細お問合せ下さい.)

コメント

トラックバック