(1745) 不妊治療2014/12/05 03:20

女性の社会進出や結婚の高齢化など, 様々な理由から少子化の傾向はなかなか歯止めが掛からないのが現状だ.

今や, 6 組に 1 組の夫婦が, 何らかの形の不妊検査や不妊治療を受けていると言われている.

然し, 倫理面や費用面を初め, 不妊治療は未だに解決しなければならない課題が多い.

そんな中で, 不妊治療で精子と卵子を体外で受精させる際に, 流産し難い受精卵を選び出す検査法の開発が相次いでいる様だ.

一つは, 大阪大学による, 受精卵が分裂する様子を動画で観察し, "染色体異常の有無を見分ける" 新技術の開発である.

阪大の山縣 一夫特任准教授らは, 受精卵が細胞分裂する時の染色体の様子を 3 次元動画で観察する技術を開発している.

特殊な RNA (リボ核酸) を注射針で受精卵に注入し, 細胞内の染色体などを光らせ, 細胞分裂時に染色体が上手く分れるか如何かをみる.

浅田レディースクリニック (名古屋市) と協力し, 不妊治療で余った受精卵を観察した.

70 個のうち, 約 26% が最初の分裂で染色体を上手く分けられず, 核の外に染色体のかけらが残った.

特に 36 歳以上の女性患者の場合はその比率が高く, 年齢が上がると卵子も老化するのを裏付けた.

マウスの実験では, 最初の分裂で染色体異常が見付かった受精卵は母体に移植しても流産する.

妊娠が継続する質の高い受精卵を選ぶ手法として役立つとみている.

RNA は遺伝子組み換えと違い, 時間が経つと分解して残らないため安全性も高いという.

もう一つは, 山形大学の阿部 宏之教授らにより開発された技術で, 培養皿中に電極を当て, 受精卵に触れる事無く酸素消費量を 1 分以内に検査すると言う.

"呼吸量が多い受精卵は妊娠成功率も高い" 事が確認されたとの事.

従来, 体外受精を実施しても出産に至るのは 10 - 20% に止まっていた.

また, 多胎妊娠を避けるため, 子宮に戻す受精卵は原則 1 個で, 異常があると流産し易かったのである.

流産は女性の肉体的負担だけでなく, 精神や金銭面でも負担が大きい.

妊娠する確率が高い受精卵を選ぶ検査法の需要は高いと考えられる.

受精卵の選別には倫理面での問題があるものの, 安全性に富み, 確度の高い不妊治療の確立は 「1 億人の維持」 を目標とする日本にとって避けては通れない課題と言える.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@tcat.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.
・モニター希望者募集中. (詳細お問合せ下さい.

コメント

トラックバック