(2410) iPS 変化前の細胞, 遺伝子改変し易く2016/10/01 02:45

京都大の多田 高准教授らは, 体の細胞から iPS 細胞の元となる新たな細胞を作製したと発表している.

新たな細胞は iPS 細胞に比べ, 狙った遺伝子を改変し易く, 死滅し難い.

それ故, 病気を再現した神経や臓器の組織を作り易くなり, 新薬開発への貢献が期待されると言う.

言うまでもなく, iPS 細胞はあらゆる細胞が作れる万能細胞で, 傷付いた組織や臓器を治療する再生医療や, 病気を再現して薬を開発する事への活用が見込まれている.

だが遺伝子改変の操作で死滅し易いという課題もあった様だ.

研究チーム7は, ヒトの胎児の肺細胞に 4 種類の遺伝子を入れ, このうち一部が iPS 細胞の元になる細胞に育った事を確認した.

iPS 細胞の前段階に当り, 「iPS 細胞」 と名付けた由.

新たな細胞は遺伝子を改変する 「ゲノム (全遺伝情報) 編集」 と呼ぶ技術を応用し易く, ゲノムを改変したうえ iPS 細胞へ育てる技術を使えば, 神経や臓器で様々な病気を再現出来ると言う.

本日のカット写真提供 : 下平 宏 氏 (オオルリ 雌) 

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック