(2634) 脳梗塞, 新薬候補を試験2017/05/13 03:19

東京農工大発のベンチャー, ティムス (東京都府中市) は今年から, 同大が開発した脳梗塞の新たな治療薬候補 「SMTP」 の効果を調べる臨床試験を東北大学などで行っている.

現在の治療薬 「t - PA」 は発症から 4 時間半以内の患者にしか使えないが, SMTP はそれ以上時間が経っても使えると見られ, より多くの救命に繋がる可能性があると言う.

t - PA は早期に投与しないと出血のリスクが高まる為, 発症から 4 時間半以内の患者にしか投与出来ない.

脳梗塞患者は年間約 30 万人が救急搬送されるが, 投与出来るのは 5% 未満とされている.

SMTP は, 発症から時間が経っても, 安全に血栓を溶かせると見られる.

臨床試験では, 発症から 4 時間半以上 12 時間以内の脳梗塞患者に SMTP を投与し, 効果を調べる計画となっている由.

SMTP は, 農工大などのグループが沖縄県の西表島の落ち葉のカビから抽出した複数の化合物を合わせたものとの事.

脳梗塞を起こさせたサルに SMTP を注射し, 脳血管を塞いだ血栓が溶け, 梗塞の拡大を抑える事を確認している.

健康な人に少量を投与する第 1 相の臨床試験を東京大学で実施し, 安全性を確認している.

今回は全国 4 - 5 カ所の医療施設で 60 - 150 人の患者に投与して効果を見る第 2 相の臨床試験を進めており, 数年後の実用化を目指すと言う

後遺症で麻痺などに苦しむ患者さんが一人でも少なくなる社会が来る事を期待したい.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック