(2653) 2 億 5000 万年前, 海の酸欠で大量絶滅?2017/06/01 02:36

約 2 億 5200 万年前 (ベルム紀末), 約 95% の種がいなくなった史上最大とされる生物の大量絶滅は, 地球規模で土壌が海に流出し, 海洋が酸素不足に陥ったことが一因だ, とする研究結果を東北大のグループが発表している.

この時代の絶滅は, 火山の巨大噴火や, 二酸化炭素 (CO2) 増加に伴う地球温暖化が原因と考えられてきた.

グループは, こうした要因に加え, 栄養豊富な土壌が海に流出して, 赤潮のようにプランクトンが大量発生し, 酸素不足となって, 節足動物の三葉虫や石灰質の殻を持つ有孔虫の仲間など, 海洋生物の絶滅を引き起こしたとみている.

グループは京都府と宮崎県, イタリア, 中国のベルム紀末の地層から岩石を採取し分析した.

その結果, 何れの場所でも, 当時海だった位置に陸上植物由来の有機物を発見したのである.

その範囲は海岸から数百キロ, 水深 300 メートルほどに達し, 陸から海に大量の土壌が流出した証拠だとしている.

地球の生い立ちはまだまだ未解明な事が沢山あるものだ.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(2654) 免疫の癌攻撃を赤外線で活性化2017/06/02 02:39

米国立衛生研究所 (NIH) の小林 久隆主任研究員は名古屋大学と共同で, 免疫の攻撃から癌細胞を守っている 「制御性 T 細胞」 を攻撃し, 癌細胞を死滅させる手法を開発している.

近赤外線を当てて, 癌の周辺にある制御性 T 細胞を壊し, 活性化した免疫で攻撃する.

正常な細胞には影響しないため, 副作用も出難いと言う.

近赤外線を当てると局所的に発熱する色素で細胞膜が破壊される仕組みを利用している.

色素に, 制御性 T 細胞と結合する物質をくっつけ, 癌を移植したネズミに投与した.

然る後, 患部に近赤外線を当てると, 肺癌や大腸癌, 甲状腺癌などで癌細胞がなくなるのを確認している.

また, 活性化した免疫細胞は転移した癌の治療にも効果があると見ている由.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(2655) 高額癌治療薬 「オプジーボ」2017/06/03 02:13

京都大学の浜西 潤三講師は, 免疫の働きを利用した新タイプの癌治療薬 「オプジーボ」 (一般名ニボルマブ) の効果を予測する目印の候補を発見している.

薬の投与直後に血液中の免疫細胞の構造が変るなどした場合, 癌が縮小し易かった.

オプジーボは優れた効果が期待できるが高額である. 投薬時の効き目を予測する技術が確立出来れば, 患者を絞り込め, 医療費の節約に繋がる.

オプジーボは小野薬品工業などが開発した画期的な薬だ.

悪性黒色腫 (メラノーマ) や一部の肺癌治療用に承認されている.

腎臓の癌でも近く認められる見通し. 胃や食道, 卵巣の癌などへの適応拡大を目指した臨床試験 (治験) も進展している.

京大は他の治療法が効かなくなった卵巣癌患者 20 人にオプジーボを投与する医師主導治験を実施し, 3 人で癌が消えたり縮んだりした.

投与から約 20 日 - 数カ月後に血液中のリンパ球が持つ受容体を作る塩基配列の多様性が失われると, その後に薬がよく効く事が分った.

また, 卵巣癌の中でも, 内部が透明に見える 「明細胞」 が多いタイプだと薬が効き易かったと言う.

今回は卵巣癌を対象にした成果だが, 皮膚癌や肺癌の一部などでも薬の効果を予測する目印になる可能性があると研究チームは見ている.

今後は有効性を確認する為, 製薬企業と協力して新たな治験の実施を目指して行く.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(2656) ウイルスで癌破壊, 正常な細胞には影響なし2017/06/04 02:42

東京大学の谷 憲三朗特任教授らは, 癌細胞の中で増殖して死滅させる新たなウイルスを開発している.

ウイルスには正常な細胞では生きられない様な細工をし, 副作用を防ぐと言う.

サルを使った実験で安全性を確認している.

腫瘍に直接ウイルスを注射する臨床研究を早期に開始したい意向の様だ.

大腸などにいる 「コクサッキーウイルス」 を癌の治療用に改良したものと言う.

癌で活発に働く 「チロシンキナーゼ」 などの酵素を利用して増殖する由. ウイルスが増えると, 癌細胞は壊れてしまう.

ウイルスの RNA (リボ核酸) に正常な細胞だけにある 2 種類の 「mi RNA」 と言う物質が結合すると, ウイルスが死ぬようにした.

この結果, 正常細胞でウイルスが増える危険を避ける事が可能となる様だ.

抗癌剤が効かなくなった乳癌の細胞をマウスに移植し, ウイルスを投与して, 約 3 週間後に腫瘍の大きさを調べた.

ウイルスを使うと 4分の 1 程に抑えられたと言う.

謂わば, 毒を以って毒を制す考えに近く, 面白い発想である.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(2657) 生殖腺形成の端緒, 遺伝子が作用2017/06/05 02:42

九州大と東北大の共同研究グループは, 脊椎動物の雌雄を決める生殖腺の形成が始まる仕組みを突き止めている.

様々な器官の形成を司る遺伝子が作用してい

る事が判明, 不妊や卵巣癌の治療法開発への応用が期待出来ると言う.

生殖腺は卵巣や精巣に分化し, 生殖細胞を卵子や精子に変える.

生殖腺が正しく形成されないと不妊や卵巣癌になる.

これまで分化に関する研究は進んでいたが, 形成が始まるきっかけは不明だった.

グループは, 発生 2 日目のニワトリの胚を使って実験.

体の器官の分化を司る遺伝子 「ソニックヘッジホッグ」 を, 腎臓となる組織に加えた処, 2.5 日後に生殖腺の原形が現れたと言う.

グループの九州大医学研究院の吉野 剛史助教 (発生生物学) は 「成果を応用すれば, iPS 細胞から卵巣や精巣を作れる様になる. 不妊の治療法開発や, 卵巣癌の発生メカニズムの解明に繋がる」 とコメントしている.

本日のカット写真提供 : 下平 宏氏 (ディズニー前のコアジサシ)

下平 宏氏のコメント : コアジサシは体長 25 cm の精悍でカッコいいカモメ科の鳥です. 水上を飛びながら小魚などの餌を探し, 低空飛翔をしてからダイビングをして獲物をゲットします. 撮影場所は葛西臨海公園です.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.