(2669) 脂肪肝を悪化させる蛋白質 「ルビコン」2017/06/17 03:00

高脂肪食の摂取により特定の蛋白質が肝臓で増加し, 脂肪肝が悪化する事を, 大阪大の竹原 徹郎教授 (消化器内科学) のチームがマウス実験で突き止めている.

この蛋白質 「ルビコン」 を標的とした治療薬の開発が期待出来るとの由.

脂肪肝は過度の栄養摂取により, 肝臓に中性脂肪が溜まる生活習慣病である.

悪化すると肝硬変や肝癌に繋がるが, これまで, 詳しい発症メカニズムは分っておらず, また有効な治療薬も存在していない.

チームによると, ルビコンは, 細胞が自身の蛋白質を分解して再利用する自食作用 (オートファジー) を抑制する働きがあると言う.

オートファジーの異常は, 癌など様々な病気に関連する事が知られている.

チームが 4 カ月間, 高脂肪食を与えたマウスの肝細胞でルビコンが増加した.

更に, ルビコンが働かないよう遺伝子操作したマウスの肝臓では, 遺伝子操作していないマウスに比べ脂肪蓄積が軽減され, オートファジーが正常に機能していた事が確認出来たと言う.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.