(2719) 患者の身体拘束, 実態調査求める2017/08/06 02:45

日経によると, 精神科病院での身体拘束を減らそうと, この程, 杏林大の長谷川 利夫教授や弁護士らが, 「精神科医療の身体拘束を考える会」 を設立している.

同会は精神科病院での身体拘束が密室で行われているとして, 国に実態調査を求めると共に, 病棟を録画し家族らに公開する事を訴えて行くと言う.

精神科病院での身体拘束は, 自傷や他害の恐れがあると精神保健指定医が判断した場合に限って認められる.

けれども, 対象者は年々増え, 厚労省の 2014 年度調査では 1 万 682 人に上っている.

身体拘束を巡っては, ニュージーランド国籍の男性 (当時 27) が今年 5 月, 神奈川県内の入院先の病院で身体拘束中に心肺停止の状態となり, 別の病院で亡くなったケースがある.

男性の母親, マーサ・サベジさん (60) は過日, 厚労省で記者会見し 「身体拘束はやるべきではない. なくして欲しい」 と訴えている.

身体拘束は, 精神科病棟に限らず, 外科病棟, 特別養護施設や介護施設でも行われる事がある様だ.

外科手術後, 身体拘束を受けた経験を持つ患者さんの施術を行った事がある.

彼はその時の心身の辛い状況を語って呉れたが, 安易に行うものではない, との想いを強くしたものである

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック