(2871) 新薬候補の安全性 iPS 細胞で評価2017/12/16 02:51

国立医薬品食品衛生研究所やエーザイ, 小野薬品工業などは, 人間の iPS 細胞から作った心筋細胞を使う事で, 新薬の候補となる物質の安全性を正確に評価出来る事を確認したと言う.

60 種類の既存の化学物質で試し, 80% 以上が臨床試験 (治験) の結果と一致している.

現在の手法よりも精度が高く, 新薬開発の効率化に役立つとみている.

新薬候補は人に投与した時に, 致死性の不整脈などを起こさないか, 事前に調べる必要がある.

新たな安全性評価法として普及を目指す考えと言う.

iPS 細胞から作った心筋細胞に様々な濃度の化学物質をふりかけ, 電気信号などの変化を観察した.

心臓への悪影響を点数で評価した処, 19 種類を高リスク, 17 種類を低リスクと判定し, 治験結果と比べた処, 精度は 80% を上回った.

現在は心筋細胞とは別の人の細胞を使って評価しているが, 精度は 70% 程度にとどまると言う.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック