(2899) 神経難病の一端解明, iPS 細胞使い2018/01/13 02:14

京都大などは神経の難病の一種である 「遺伝性ニューロパチー」 について, iPS 細胞を用いて, 病気のメカニズムの一端を解明している.

遺伝子の変異に因り, 不要な蛋白質を分解する機能が低下していたと言う.

今後, 症状のよく似た神経難病の 「ALS (筋萎縮性側索硬化症)」 などの治療にも繋がると見ている由.

メカニズムを解明したのは 「近位筋優位遺伝性運動感覚ニューロパチー」 と呼ぶ遺伝性の病気.

脊髄の運動神経などに異常が生じ, 呼吸不全や手足の感覚障害などが起こる疾患である.

原因の遺伝子は見付かっているが, 具体的な発症の仕組みが不明だった.

世界中で症例は 100 人に満たないと見られる.

京大の井上 治久教授らと徳島大などの研究チームは, 患者の iPS 細胞から神経細胞を作り, 特徴を調べている.

不要な蛋白質を分解する機能が低下し, ストレスに弱くなっていた.

また, 遺伝子を自在に切り貼りするゲノム編集の技術を用いて原因となる遺伝子の突然変異を修復すると, 細胞の機能が元に戻る事も確認されている.

研究チームはこの病気のメカニズムは, 国内に約 9000 人の患者がいる ALS などの他の神経難病とも関係していると推定している.

メカニズムが分れば, 様々な神経難病の治療方法の開発で有効な手立てを探れる事になる.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック