(2993) 癌抑える新化合物, 副作用少ない薬開発期待2018/04/17 02:50

九州大などの研究グループは, 癌の進行に深く関わる蛋白質の働きを妨げて, 癌細胞の増殖や転移を抑える新たな化合物の開発に成功している.

免疫細胞である白血球の減少と言った副作用がない事をマウス実験で確認している.

身体に優しい抗癌剤の開発に繋がる可能性を有していると言う.

研究グループによると, 癌全体の 3 割程度で確認される突然変異した遺伝子が, 癌細胞内の特定の蛋白質に作用.

蛋白質が細胞内への栄養分取り込みなどを促す事で癌が進行すると言うメカニズムを突き止めたのである.

新たな化合物は, この蛋白質の働きを抑えるもの.

肺癌や大腸癌の細胞を移植したマウスに注射で 2 - 3 週間程投与し続けると, 転移が抑えられ, 癌細胞の体積も半分から 5 分の 1 程度になったと言う.

一方で, 投与の前後でマウスの白血球の数に殆ど変化はなく, 目立った体重の増減もなかったのである.

抗癌剤の多くは, 白血球の数を減少させて免疫低下を招く副作用がある.

研究グループの九州大・宇留野 武人准教授 (生物化学) は 「数年内に新薬を実現したい」 とコメントしている.

今後の進展が楽しみである.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック