(3175) 他人の精子, 不妊治療停止2018/10/16 02:55

第三者の提供精子を使った不妊治療を長年実施して来た慶応大病院が, 提供者の減少を理由に新規の患者の予約受け付けを停止した事がこの程明らかとなった.

提供者への説明の際に, 生まれた子供に遺伝上の親を知る権利を認める動きが世界的に広がっている事を伝え始めた結果, 提供者が減少したと言う.

同病院は治療の 1 年前に予約を受け付けており, 停止したのは 8 月の予約分から. 提供が回復する見通しは立っておらず, この方法の継続について 10 月中にも有識者を交えた会議を開くとの由.

この不妊治療は 「非配偶者間人工授精 (AID)」 と呼ばれ, 無精子症などの病気で男性不妊に悩む夫婦を対象に匿名の第三者から提供された精子を使って人工授精する.

同病院では 1948 年に始まり, 年間約 1500 件の治療が実施されている.

2014 年には, AID によって生まれた医師が遺伝上の親に関する情報開示を求める問題も起きている.

担当する田中 守教授 (産科) は 「日本で出自を知る権利が認められた場合, 2 人の親が存在してしまう可能性がある. 法整備によって, 安全で安心な提供システムを確立する必要がある」 と課題を指摘している.

"遺伝上の親" を知る権利に対する考えは正に人それぞれ. 難しい問題である.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック