(3181) バランスよく食べて, 癌予防2018/10/22 02:30

これまでも何度か紹介して来た, 東大付属病院放射線科准教授,, 中川 恵一先生の日経連載コラム 「がん社会を診る」 からの, 以下引用である.

肉や魚だけでなく, 乳製品も避ける完全菜食主義 「ビーガン」 が女性を中心に増えています.

8 月 1 日付の日本経済新聞夕刊に掲載された 「完全菜食 世界で増殖」 と言う記事でも, 米マクドナルドが 2017 年末, 欧州でビーガン向けのハンバーガーを発売したと報じていました.

日本でも, ビーガンに似た 「マクロビオティック」 が若い女性を中心に支持されています.

食べるのは自然農法で採れた玄米や雑穀などに限っているうえ, 「砂糖もダメ」 と言う極端な菜食主義ですが, 市場も拡大しています.

ビーガンやマクロビオティックまで行かないものの, 癌と診断された途端, 一切肉を口にしなくなる患者さんは珍しくありません.

彼らが誤って抱く 「罪悪感」 の所為か, 「肉 --> 贅沢 --> 悪」 と言った連想があるのかも知れません.

然し, ベジタリアンに癌が少ない訳でも, 長生きする訳でもありません.

菜食主義者が人口の約 3 割を占めるインドでの調査でも, ベジタリアンにはビタミン不足の人が多く, 心臓病や脳卒中などを発症するリスクはそうでない人の約 4 倍に上る事が分っています.

菜食主義を生涯貫いた人も, 乳癌の発症リスクは変らないと言う調査研究もあります.

特に 66 歳以上の高齢者では, 高蛋白質の食事を摂る人たちは低蛋白質の摂取群に比べて, 様々な原因を含めた全死亡率が 28% 低く, 癌死亡率も 60% も低かった事が判明しています.

癌予防の観点からは, 肉や乳製品を含めた様々な食物をバランスよく食べる事が勧められており, 政府も 「食生活指針」 として公表しています.

国立がん研究センターが日本人の中高年の男女約 8 万人を 15 年間追跡した大規模調査でも, この生活指針に沿った食生活を送っている人ほど, 癌や心臓, 血管などの病気で死亡するリスクが低いと言う結果が出ています.

20 代女性の 1 日当りのエネルギー摂取量は, 終戦直後の都市部のそれと略等しい 1700 キロカロリーで, 2 割が 「痩せ」 に分類されています.

然し, 日本人の場合, 肥満より痩せた人に癌が多い事を忘れてはなりません. (引用終り)

常々言っている様に, バランスの取れた食生活と適度の運動とは健康な生活を送る為の基本なのである.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック