(3205) 胴の長さ決まる仕組み2018/11/15 02:34

ヘビの胴が長く, カエルが短いのは, 体が形作られる過程で 「GDF 11」 と言う遺伝子が働くタイミングが異なるから...

名古屋大大学院の鈴木 孝幸講師らの研究チームが, 脊椎動物の胴体の長さが決まるメカニズムを特定している.

鈴木講師は 「多様な胴の長さを持つ脊椎動物の進化の解明に役立つ」 とコメントしている.

脊椎動物の背骨は頭に繋がる頸椎から尾椎まで 5 種類に分れる.

胸椎と腰椎が胴体で, 腰椎と尾椎の間の仙椎に骨盤と後ろ足が作られる.

ヘビは足が退化したが, 仙椎は残っている.

チームはカエルやマウス, ニワトリ, シマヘビなど胴の長さが異なる 9 種の動物について, 受精卵の成長を観察した.

頭に近い方から脊椎が形成される過程で, GDF 11 が早期に働くほど仙椎が早く出来る事が分った.

カエルは早く, ヘビは極端に遅かったと言う.

GDF 11 の機能を阻害すると下半身全体の位置がずれるといい, 鈴木講師は 「詳しく解析すれば, 下半身の臓器の位置が決まるメカニズムの解明にも繋がる」 とコメントしている.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック