(3497) 抗生物質効かない細菌の仕組み解明2019/09/03 03:33

奈良女子大学の前田 純夫准教授は, 薬剤耐性の遺伝子変化が起きていない細菌で抗生物質が効かない状態が長く続く仕組みの一端を解明している.

空気に触れる状態で塊になるよう細菌を培養すると, 抗生物質を加えても生き残り易くなった.

また, 培養法を変えてもその状態が 1 カ月続いた.

細菌による感染症の治療が長引く原因の一つだとみている.

細菌では, 抗生物質を投与した時に死なずに生き延びる菌が一定数現れる.

遺伝子変化を伴う耐性菌とは別で, 細菌が休眠状態になっている可能性などが考えられて来たが, 詳しくは分っていないと言う.

実験では, 大腸菌を通常の容器中で培養した後に, 抗生物質入りの培地に取り換えると, 1 日後には菌が約 100 万分の 1 まで減少した.

また, 一部が空気に触れる状態で培養し, 抗生物質入り培地に切り替えると, なかなか死なず, 1 カ月後も約 1 万分の 1 の割合で菌が生き延びた.

尚, ブドウ球菌などでも同様の結果だったと言う.

本日のカット写真提供 : 下平 宏 氏 (チョウトンボ)

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.