(3545) 癌攻撃, 分子の働き解明2019/10/21 01:59

徳島大の岡崎 拓教授らは, 体に備わった免疫の仕組みを使って癌を治療する際のカギとなる分子 「LAG - 3」 の働きを突き止めている.

2018年のノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学の本庶 佑特別教授らが見付けた PD - 1 と似た働きがあり, 癌治療などへの応用が期待されると言う.

癌細胞の多くは免疫細胞による攻撃力を弱める働きがある.

これを邪魔すれば, 免疫細胞の攻撃力が復活して癌細胞を殺す. PD - 1 の発見から, 癌治療薬 「オプジーボ」 が生まれたのである.

LAG - 3 は免疫細胞の表面にあり, PD - 1 と似た働きがあると見られているが, 詳しい機能は判っていなかった.

研究グループは, ウイルスや癌の情報を伝える役目の細胞と LAG - 3 が結合すると, 免疫の働きが弱くなる事を突き止めた.

LAG - 3 の働きを抑えると, 免疫による攻撃が活発になった. 癌治療に応用出来る可能性があると言う.

岡崎教授らは LAG - 3 は感染症の罹り易さやワクチンの効果にも関係しているとみている.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.