(3555) 不運, 知識と行動で克服2019/10/31 01:50

中川 恵一東大付属病院放射線科准教授が日経に連載している 「がん社会を診る」 から下記に引用したい.

発癌の最大の要因は 「癌に関連する遺伝子に起こる偶発的な損傷」 です.

癌は運・不運に左右される病気だと言えます.

喫煙や飲酒などは遺伝子に出来るキズの発生頻度を高めます.

運動やカロリー制限は損傷の頻度を下げますが, どんなに立派な生活をしても, 生きているだけで遺伝子には 「経年劣化」 が起こります.

加齢とともに, 癌が出来易くなるのはこの為です.

ヘビースモーカーで大酒飲みでも癌にならない運のよい人もいます. 逆に, 完璧な生活習慣でも癌になる事があります.

検診も総ての癌を見付ける事は不可能です.

癌には運の要素もある事は確かです.

私は膀胱の癌を 「自己超音波検査」 で早期発見し, 昨年末に内視鏡治療を受けました.

膀胱癌を増やす要因として分っているのは喫煙だけ. 私はたばこを吸いませんから, 発癌の理由は 「不運」 と言う事になるでしょう.

とは言っても, 脂肪肝のチェックで, 偶然, 早期の膀胱癌を発見出来たのはラッキーでした.

酒飲みでなければ, 肝臓の超音波検査もしなかったと思います. まさに, 「禍福は糾える縄の如し」 です.

癌だけでなく, 人生には運・不運が付き物です. 仕事でも, 出世でも, 実力だけで決まるものではありません.

私生活も同様でしょう.

勿論, 個人の努力も大切ですが, 運の要素を否定する事は出来ません.

癌は人生の他の殆どの出来事と同じく, 運に左右される病気です.

然し, 癌に纏わる運・不運は知識や行動である程度までコントロールが可能です.

生活習慣を整える事で, 癌のリスクを大きく減らす事が出来ます.

更に, 運悪く, 癌になっても, 癌検診で早期に発見すれば, 9 割以上完治します.

癌の運・不運は, 交通事故や天災と言った不可抗力とは別だと言えるでしょう.

何事も 「人事を尽して天命を待つ」 事が大切ですが, 癌との向き合い方も同様だと思います.

男性の 3 人に 2 人, 女性でも半数が, 癌になります.

「人生 100 年」 に立ちはだかるこの壁を, 知識と行動で乗り越えて戴きたいと思います. (引用終り)

癌に限った事ではないが, 逆境に立ち向かうべく, "知恵を働かせる" 事は人生に不可欠の行為と言える.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.