(3557) 13 種診断, 精度高く2019/11/02 02:56

今日も, 引き続き, 中川 恵一先生の 「がん社会を診る」 から以下に引用したい.

血液 1 滴で, 13 種類もの癌を超早期に診断する技術の開発が進んでおり, 来年にも実用化される見通しです.

発見の手懸りになるのは 「マイクロ RNA」 です.

癌細胞は小胞体 「エクソソーム」 に包んだマイクロ RNA を分泌して情報発信を行い, 増殖や転移など, 自分に有利な環境を作ろうとします.

更にマイクロ RNA には各臓器の癌毎に特徴があります.

国立がん研究センターの研究グループは, 同センターに保管されている 5 万 3 千名の血液を使い, 日本人に多い 13 種類の癌, 胃癌, 大腸癌, 食道癌, 膵臓癌, 肝癌, 胆道癌, 肺癌, 乳癌, 卵巣癌, 前立腺癌, 膀胱癌, 神経膠腫,, 肉腫で, マイクロ RNA の変動パターンを調べました.

その結果, 特定のマイクロ RNA の組み合わせで, 癌患者と正常な人を高い精度で見分けられる事が分りました.

例えば乳癌の場合, 5 つのマイクロ RNA の組み合わせによって, 感度 (癌の人を正しく癌と判定する確率) 97%, 特異度 (癌でない人を正しく癌でないと判定する確率) 92% で診断出来る事が確認されています.

卵巣癌では, 10 種類のマイクロ RNA の組み合わせで, 感度 99%, 特異度 100% という精度が得られています.

初期の卵巣癌は症状が出難い為, 進行癌で見付かる事が少なくありません.

一方, 有効な検査法は殆どなく, 検診も行われていません.

然し, マイクロ RNA による検査では, ステージ 1 の患者を 95% の精度で判別出来ました.

検査の感度/特異度は, 膵癌で 98%/94%, 大腸癌 99%/89%, 膀胱癌で 97%/99% など, 高い精度が確認されています.

癌検診として有効性が確立している大腸癌の便潜血検査でも, 感度は 70% 程度ですから, マイクロ RNA 検査の感度が如何に高いか分ります.

この検査は, 来年にも, 一部の人間ドックや健康診断で受診可能となる見込みです.

但し, 税金を使った住民検診に組み込むには, 死亡率を下げるという証拠が必要で, 長期に亘るデータの蓄積が欠かせません.

然し, 今後の癌検診の在り方を一変させる潜在力を感じます. (引用終り)

上記の検査は来年にも健康診断時に受けられる事になるとの由. 是非実現して欲しいものである.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.