(3564) 関節リウマチ, 事前に予測2019/11/09 02:07

大阪大学の岡田 随象教授らの研究グループは, 患者のゲノム情報などを解析して, 関節リウマチの発症を事前に予測できる技術を開発している.

病気に繋がる免疫細胞に含まれる物質の量から予測すると言う.

病気のメカニズムの解明や治療薬開発にも応用出来るとの事.

研究グループは細胞内で遺伝子の働きを調節する 「マイクロ RNA (リボ核酸)」 と呼ぶ分子に着目した.

マイクロ RNA は約 4000 種類あり, 細胞の種類によって働きのパターンが異なっている.

脳や肺, 免疫細胞など細胞の種類ごとのマイクロ RNA の量のデータと, ゲノムの個人差を解析する 「GWAS」 のデータを統合して解析を行った.

その結果, 関節リウマチ患者の免疫細胞で, 量が増えたり減ったりするマイクロ RNA 数十個を突き止めた.

また, 関節リウマチ患者 30 人の免疫細胞のマイクロ RNA の量も網羅的に計測し, ゲノムデータの解析と共通して量が多くなったマイクロ RNA 1 つを突き止めたのである.

病気の発症を予測する検査技術に応用出来る由.

マイクロ RNA は遺伝子の働きを調節する物質で, 病気との関係についての解明が進展している.

ただ, ゲノムデータと統合して網羅的に解析する技術はなかったのである.

岡田教授は 「患者のゲノム情報と統合して解析すれば, 病気に関わる重要なマイクロ RNA を網羅的に調べられる」 と話している.

今後は別の手法で病気に関わるマイクロ RNA を見つける技術開発にもチャレンジすると言う.

本日のカット写真提供 : 下平 宏氏 (アオアシシギ)

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.