(3746) 皮膚の老化, 進行のメカニズム明らかに2020/01/31 03:04

東京医科歯科大学の西村 栄美教授らは, 皮膚の老化が, 表皮にある幹細胞のグループ同士による 「場所取り競争」 の様な過程を通じて進む事を, マウスの実験で突き止めたと言う.

特定のコラーゲンを作り難くなった幹細胞のグループは, 競争に敗れて排除されていたのである.

この過程を薬剤などで制御する事で, 皮膚の老化抑制や再生促進に繫がる可能性があるとしている.

表皮では, 自己複製を繰り返す幹細胞が, 基底部で分裂した後, 分化しながら皮膚表面に移動して角層という保護層を作る.

紫外線などのストレスで 17 型という特定のコラーゲンを作り難くなった幹細胞は分裂のパターンが変り, 周囲の幹細胞と比べて定着し難くなり, 皮膚表面から排除された.

こうして表皮が薄くなり付近の色素細胞も消失するなど老化が進むという.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.