(3764) 神経疾患の進行, マウスで再現2020/02/18 02:02

筑波大学の石川 香助教らは, 武田薬品工業などと共同で, 神経疾患が徐々に進行する様子をマウスで再現する事に成功している.

病状を詳しく観察し, 新薬の開発に繫げるのが狙いと言う.

神経疾患には, 若いうちは気付かず, 年を取ると徐々に症状が出る病気が多い.

遺伝子を改変したマウスで病気を再現しようとすると, 生後直ぐに異常が起きて症状の進行を再現するのは難しかったと言う.

実験では, 遺伝子の働きを切り替えるスイッチの役割を持つ特殊な DNA の断片を用いている.

エサに入れる薬の有無で, 改変遺伝子の働きを制御したのである.

人の 10 代後半に当る生後 8 週目からエサを変えて改変遺伝子を働かせると, 認知機能や運動能力の低下など, 様々な神経疾患で表れる症状が徐々に進む様子を再現出来たと言う.

今回改変したのは細胞内でエネルギーを生産するミトコンドリアに関連する遺伝子で, 今後, ミトコンドリアと神経疾患の関連についても詳しく調べる計画との由.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック