(3766) iPS で肝炎再現, ミニ臓器を作製2020/02/20 02:01

東京医科歯科大の武部 貴則教授らの研究チームは, iPS 細胞から, 病気の状態の 「ミニ肝臓」 を作る事に成功したと言う.

肝臓の炎症や, 組織が硬くなって機能しなくなる “線維化” という現象を再現させた.

iPS 細胞から作った立体的な臓器で病気を再現出来たのは初めてとの由.

治療薬探しや患者毎の薬の効果の判定などにも使える可能性が高いと言う.

研究チームは, iPS 細胞から, 炎症を引き起こす細胞など肝臓を構成する主な細胞を同時に成長させる手法を考案. 血管などの素となる細胞を加えながら培養し, ミニ肝臓を作った.

ここに大量の脂肪を加えると 1 週間懸けて炎症が強まった脂肪性肝炎となった.

また, 肝硬変の病態も再現出来た.

更に, 出来た肝炎のミニ臓器に薬の候補物質を掛けると, 脂肪の蓄積が抑えられた. 「薬の探索や判定に使える」 (武部教授) と言う.

肝臓に脂肪が溜まり過ぎると, 脂肪性肝炎から組織が徐々に硬くなって肝硬変になる.

一度肝硬変になると元に戻すのは難しい. 更に悪化して肝不全になると, 臓器移植しか治療法がない.

早期の段階での治療薬開発が期待されているが, 動物実験などでは人の肝臓の病態を正確に捉えられず, 効果や副作用の判定が難しかったと言う.

なお, 研究は埼玉大, 米シンシナティ小児病院との共同で実施されたもの.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.