(3796) 大量発汗と 「水中毒」2020/03/21 02:06

毎年, 気温の上昇とともに熱中症で倒れる人が増加する.

熱中症は, 高温環境下に長期間いる事 (いた事) によって, 体の中で産生された熱が上手く放散出来ずに起こる体調不良の総称だ.

そのベースにあるのは, 大量の汗を掻く事などによって, 体の中の体液が減ってしまう脱水症である.

熱中症, 脱水症を予防する為には, 水分補給がとても大切になる.

と言っても, ただ水を沢山飲めばいいと言う訳ではない.

人間の体液は, 水と塩分 (ナトリウムイオンなどの電解質) で出来ている.

猛暑の中での活動で大量の汗を掻いた時には, 水分とともに塩分も失われてしまっている.

そんな時に水だけを飲んでも, 塩分がなければ, 浸透圧の関係で細胞の中まで入って行けない. その為, 体の中に水分を貯めておく事は出来ないのだ.

更には体液が薄まって, ナトリウム不足 (低ナトリウム血症) を起こしてしまう危険がある.

この現象は 「水中毒」 とも呼ばれている.

水中毒になると, こむらがえりや頭痛, 吐き気を起こしたり, 意識が朦朧としたり, 痙攣を起こしたりして, 重症の場合は死亡する事もある程だ.

大量の汗を掻いた時は, 水だけでなく塩分も補給する必要がある.

「日常の水分補給であれば, 水だけでも構わない. ただ, 暑さの所為で食欲がなく, 食事から十分な塩分が摂れていない時や, 大量の汗を掻いて塩分を多く失った時は, 水だけではなく塩分も必ず補給してください」.

熱中症や脱水症に詳しい済生会横浜市東部病院患者支援センター長兼栄養部部長の谷口 英喜氏は, そうアドバイスしている.

「水やお茶に加えて, 塩飴, 梅干しなどを一緒にとるのもよいでしょう. スポーツで汗を掻いた時の脱水予防であれば, スポーツドリンクを利用するのもいいですね. 但し, (眩暈や頭痛, こむら返りなどの症状が現れる) 急性の脱水症などで緊急に水分補給が必要な時には, "経口補水液" を飲んでください」 (谷口氏)

本日のカット写真提供 : 下平 宏氏 (カケス).

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.