(3807) 遺伝子の働き, ゲノム編集で向上2020/04/01 02:21

東京大学の佐藤 守俊教授らは, 遺伝子を自在に改変するゲノム編集を使い, 特定の遺伝子の働きの効率を高める手法を開発したと言う.

ゲノム編集に使う酵素を 2 つに切り分けて導入するもので, 遺伝子の働きを高める分子を多く運べる為, 従来より 10 倍の量の蛋白質を作る事が可能となる由.

遺伝性の病気の新たな治療法の開発に繫がると期待している.

広く使われているゲノム編集技術 「クリスパー・キャス 9」 と比較した場合, 遺伝子を誤って切るリスクが少ないとされる新技術 「クリスパー・Cpf 1」 に改良を加えたとの事.

遺伝子を切る能力をなくした酵素を 2 つに切り分けて, 両端に遺伝子の働きを高める分子を付けた.

マウスで試した処, 体内で自然と狙った遺伝子にくっ付き, 作用する事を確認している.

切り分けていない酵素を使った手法に比べて, 目印にした蛋白質が約 10 倍多く出来たと言う.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック