(3837) 母いると息子が繁殖し易く, 類人猿ボノボの群れ2020/05/01 02:23

類人猿のボノボの雄は, 同じ群れに母親がいると繁殖に成功し易い...

京都大霊長類研究所の古市 剛史教授らの国際チームが, こんな研究結果を発表している.

ボノボは, 息子をボスにするため母親同士が喧嘩する事が確認されていたが, 繁殖競争への関与は不明だったと言う.

「集団内で息子の地位を上げようとする母親らの闘争が, 孫づくり競争に繋がっている」 としている.

チームによると, ボノボでは雌の地位が雄より高く, 群れの行動も雌たちが決めるとされる.

群れでの順位が 1 位の雌の息子は, 雄の 1 位になる事が多く, 息子はより多く交尾の機会を得る事も知られていた.

研究では, アフリカのコンゴ (旧ザイール) に生息する野生ボノボの子ども約 40 頭の糞を採取し, DNA 鑑定で群れの個体の父子関係を調査した.

その結果, 群れの中に母親がいる雄は, 母親がいない雄よりも子を残しているケースが多く, 繁殖に成功していた事実が判明したと言う.

ボノボと言えど, 母親の力は偉大なのですナア!!!

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(3838) ストレスに関わる蛋白質2020/05/02 01:56

老化に関連するとされる 「αクロトー」 と言う蛋白質の血中濃度が, ストレスを感じている人程上昇する事が判明した, と大阪大の中西 香織助教 (内科学) らのチームが発表している.

ストレスは問診や質問票によって判断するのが一般的だが, チームはストレスの状態を客観的に測定出来る指標になる可能性があるとして, 開発に取り組んで来た.

研究では, 定期健診を受けた阪大職員のうち, 40 - 60 代の男性で, 持病がない非喫煙者約 100 人について, 問診の回答と血液検査での α クロトーの血中濃度を分析した.

すると, 「ストレスへの対応が出来ていない」 「睡眠で十分な休養が取れていない」 と回答した人ほど, 濃度が上がる事が明らかになったと言う.

また, 精神的な問題を調べる質問票への回答との関連では, 問題を抱えている可能性が高い人ほど, 濃度は高くなった.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(3839) 宇宙滞在, 生殖に影響無し!2020/05/03 02:38

国際宇宙ステーションにある日本の実験棟 「きぼう」 で約 1 カ月間飼育した雄のマウスを地球に帰して調べた結果, 宇宙滞在による生殖機能への影響はなかった, と大阪大微生物病研究所の伊川 正人教授 (生殖生物学) らのチームが発表している.

宇宙滞在が哺乳動物の生殖器官に与える影響について明らかにしたのは世界初としており, 人類が宇宙旅行をする際などの基礎的な知見になりそうだ.

研究では, 繁殖能力のある雄のマウス 12 匹をロケットを利用してきぼうまで運んだ.

略無重力か, 地上と同じ重力の, 2 つのパターンの環境を作れる装置の中でマウスの精子形成に懸かる日数とされる 35 日間飼育した.

滞在中, 何れのマウスも健康状態に問題はなかった.

総ての個体を地球に生還させ調べた結果, 宇宙滞在中に作られた精子が卵子と受精する能力や, 生殖器官の組織構造と遺伝子にも異常は見られなかった.

また, 宇宙滞在したマウスの精子を使って生まれた子どもも健康で, 成育や生殖機能も正常だった.

チームによると, 宇宙では無重力や強い放射線, 精神的なストレスなど様々な影響が及ぶ.

伊川教授は 「雌の生殖能力への影響や, 宇宙で妊娠, 出産出来るか如何かが, 今後の課題だ」 と話している.

これまで哺乳動物を宇宙で飼育し地球へ生還させるのは難しかったが, チームは宇宙環境に適した飼育装置を開発し, これを可能にしたと言う.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(3840) 「ミニ多臓器」, iPS 細胞から2020/05/04 02:40

東京医科歯科大学の武部 貴則教授らは, 人の iPS 細胞から, 肝臓や膵臓が胆管で腸と繋がった 5 ミリ角ほどの 「ミニ多臓器」 を作る事に成功した, と発表している.

移植後に体内で長期間働く臓器を実現出来るとみて, 10 年以内に人の患者への移植に漕ぎ着けたい考えと言う.

また, 創薬研究などにも役立てる事が出来る由.

武部教授らは, 先ず iPS 細胞から原始的な腸の構造を作り, 腸の前方と中部から細胞の塊を採取.

2 種類の細胞を接触させて 60 日ほど酸素の多い特殊な環境で培養すると, 境界部分からミニ多臓器が育った.

また, 肝臓で分泌された液体が胆管を通り, 原始的な腸へ流れ込む様子を確認する事も出来たと言う.

更に, 胆管に異常がある遺伝病の症状の再現にも成功している由.

武部教授は 「複数の臓器が原因の病気は多い. 今回の成果が仕組みの解明や治療法開発に繋がる」 とコメントしている.

Have a nice holiday!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(3841) 自食作用の蛋白質, 全身に脂質送る働き2020/05/05 01:31

東京大学の水島 昇教授らは, 米マサチューセッツ州立大学のチャオ・ヤン博士らと共同で, 細胞内の蛋白質を分解する現象 「オートファジー (自食作用)」 に必要な特定の蛋白質が, コレステロールや中性脂肪と言った脂質の運搬に関わっている事を発見している.

脂質異常症や心筋梗塞, 脳梗塞の仕組みを解明する手懸りになると言う.

ご承知の様に, コレステロールや中性脂肪と言った脂質は, ホルモンや細胞膜の材料として使われている.

肝臓や腸の細胞内の小胞体という場所で作られ, 水に溶け易い複合体になって全身に運ばれている.

その過程はこれまでよく判っていなかったと言う.

水島教授らは, 小胞体の膜にあり, オートファジーに必要な蛋白質 (VMP1) を調べた.

熱帯魚のゼブラフィッシュでこの蛋白質を働かない様にすると, 受精後 9 日という幼い段階で死んでしまった.

腸管や肝臓で作られた中性脂肪などが搬出されず, 溜まったままになっていた為と判った.

マウスでの実験でも, 血中のコレステロールの濃度が低下するなどの変化がみられた.

研究チームは, VMP1 が小胞体の働きや形の維持に深く関わり, 脂質を全身に送り出す初期の段階で働いている, と考えていると言う.

オートファジーは東京工業大学の大隅 良典栄誉教授が飢餓になった酵母で発見しており, 植物や動物にも共通する現象で, 2016 年のノーベル賞受賞の対象になっている.

Have a nice holiday!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.