(3859) 心筋梗塞の細胞壊死, 薬剤で半分に抑制2020/05/23 01:59

京都大学の尾野 亘准教授と井手 裕也特定助教らは, 垣塚 彰教授が開発した薬剤 「KUS121」 に, 心筋梗塞で細胞が壊死する範囲を約半分に抑える作用がある事を発見している.

心筋梗塞による死亡や入院を大幅に減らす事が期待出来る事から, 医師主導臨床試験 (治験) の早期開始を目指している.

心筋梗塞は, 血栓などで冠動脈が詰まり, 心筋細胞が壊死する疾患で, 国内の急性心筋梗塞患者は年間約 7 万 5 千人と言われている.

現在, 詰まった血管を広げるカテーテル治療が普及しているが, 血液が再び流れた後も, 細胞のエネルギー源である ATP (アデノシン三リン酸) の減少などで心筋細胞が死んでしまうと言う課題を抱えている.

チームは 「VCP」 と呼ぶ蛋白質が ATP を大量消費するのを KUS121 が抑える事に着目した.

心筋梗塞になったブタの血管を広げた直後に薬剤を注入した処, 血管を広げただけのブタと比べ, 心筋細胞の壊死を抑制出来たと言う.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック