(3887) 腸内細菌情報, 収集拡大へ2020/06/20 03:08

生活習慣と腸内細菌の関係を調べるため, 国立医薬基盤・健康・栄養研究所は, 健康な人から腸内細菌を集めて作ったデータベースを拡大する方針を決定している.

現在の約 1200 人分から 5 年間で 5 千人規模に増やす. 実現すれば世界最大級になる.

人の腸の中には多様な細菌がいて, その活動から生み出される物質が健康に大きな影響を及ぼしている, との報告が世界で相次いでいる.

同研究所がこれまでに集めたデータからも, 色々な野菜を食べている人は腸内細菌の種類が多く, 便通も良い事が分っている.

お腹の調子が悪い人は腸内細菌の種類が少ないとされており, 細菌の多様性を高める事で体調を改善出来る可能性がある.

腸内細菌の種類は, 食生活などの生活習慣や環境によって大きく異なるとされ, 宮地 元彦・身体活動研究部長は 「日本人のデータを多く集めて特徴を明らかにし, 病気の予防にも役立てたい」 とコメントしている.

収集は 20 歳以上が対象で, 全国からボランティアとして協力して貰う.

便の一部を採取し, 生息する腸内細菌の DNA などを分析して, 種類やどんな物質を出しているかを調べる.

また, 提供してくれた人の生活習慣との結び付きが重要なので, 年齢や住んでいる地域, 日々の食生活, 睡眠, 運動と言った生活に関する情報も細かく集める.

健康な人のデータが集まれば, 病気を持つ人のデータと合わせ, どの腸内細菌が病気と関わっているかを明らかに出来る可能性もあるという.

腸内細菌とは, 「腸内フローラ」 とも称され, 人や動物の腸内にいる細菌叢を指す.

人の大腸には約千種, 100 兆個が生息しているとされ, その内訳は住んでいる地域や食事, 個人によって異なる.

善玉菌, 悪玉菌, どちらでもない中間の細菌に分けられる.

善玉菌は免疫力を高めるなど健康に良い効果をもたらすが, 悪玉菌は肥満や糖尿病, 大腸癌などの病気と密接に関わっている.

腸内での細菌同士の "バランス" は, 生活習慣や環境など様々な要因によって変化し, 体全体に影響が出る事が最近の研究で次々と明らかになっている.

本日のカット写真提供 : 下平 宏氏 (紫陽花にカルガモ)

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.