(3913) 在宅勤務の落し穴2020/07/16 02:19

今日は, 中川 恵一先生の日経連載コラム 「がん社会を診る」 から以下に引用したい.

今回の表題は 「在宅勤務, 座り過ぎずに」.

コロナ禍で導入された在宅勤務の継続で, 企業の対応が割れている様です.

伊藤忠商事の様に段階的に出社に戻した会社がある一方, 日立製作所などは多様な人材を活用出来るなどとして, 在宅勤務の継続を決めています.

実際に時間の有効活用, 通勤の満員電車によるストレス軽減などで, 在宅勤務を歓迎する人も多い様です.

然し, 在宅勤務には良い面だけではなく, 幾つかの落し穴もありそうです.

その一つが健康リスクの高まりです.

通勤や得意先への訪問などをせず, 自宅で長時間座ったまま仕事を続けると癌を含めた病気のリスクが上がる可能性があります.

米国の大規模な疫学調査では, 1 日 6 時間を座って過す女性は, 座る時間が 3 時間未満の女性に比べて, 癌の発症が多い事が分りました.

特に, 乳癌, 卵巣癌, 多発性骨髄腫のリスクが高くなりました.

更に死亡リスクについてみると, 肥満の程度や喫煙などの幾つかのリスクファクターを考慮しても 1 日 6 時間を座って過す人は, 同 3 時間未満の人に比べて, 女性では 34%, 男性でも 17% 高い事が分りました.

座り過ぎると死亡リスクが高まる詳細なメカニズムは未だ判っていませんが, 運動不足など複数の要因が関係すると考えられます.

座る時間が長くても毎日僅かでも運動をすれば, 死亡リスクは低くなる傾向がありました.

ただ, 長時間座っている事によるリスクの増加は明白でした.

週末にジムで汗を流せば, リスクを帳消しに出来ると言う訳ではなさそうです.

4 万人近い対象者を追跡したノルウェーの調査でも, 8 時間以上座っている男性は, 8 時間未満の人よりも, 22% 前立腺癌が多い事が分っています.

40 以上の観察研究のデータを総合的に分析した結果でも, 長時間の座ったままの仕事は, 大腸癌, 子宮内膜癌, 肺癌を増やす事が分りました.

オーストラリアなどの研究によるとコロナ以前から日本は, 世界の中でも座っている時間が長い国として知られています.

新しい日常として定着しつつある在宅勤務にも, 長時間座り続けて仕事をしない工夫が必要と言えそうです (引用終り).

"コロナ太り" と言う言葉もあるようです.

健康生活の基本は 「(適度の) 有酸素運動」 と 「バランスの取れた食生活」 にあります.

せめて, 1 日に 1 回は 「ラジオ (テレビ) 体操」 をして身体を動かしましょう. 10 分もあれば, 家の中でも, 出来る事です.

Have a nice day!
-------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.