(3920) iPS心筋, 重症心不全患者に初移植2020/07/23 01:49

大阪大の澤 芳樹教授らは, iPS 細胞から育てた心臓の細胞をシート状にし, 重症心不全患者に移植する世界初の手術をしたと発表している.

医師主導臨床試験 (治験) として 1 月に実施し, その後の経過は順調だという.

今後 3 年で 10 人の患者に移植して安全性や有効性を調べる.

iPS 細胞から作製した心臓の細胞を人に移植する再生医療は世界で初めて.

目の難病などで移植手術が始まっているが, 命に関わる心臓病で治療効果が確認されるかが注目される.

医師主導治験は 2019 年 12 月に開始し, 1 月に 1 例目の移植手術を阪大病院で実施した. 詳細は未公表だが, 患者は重篤な心不全患者と言う.

京都大が蓄積する iPS 細胞を培養して増やし, 心臓の細胞を作った. これを凍結保存しておき, 手術日程に合わせて解凍して培養し, シート状に加工した.

手術では心筋梗塞などで傷んだ心臓の患部に貼り付けた.

1 年間の経過観察で安全性や心機能の回復度合いなどの有効性を調べている.

現状では, 重症の心不全の根治には心臓移植しかない.

だがドナー (提供者) が不足しており, 治療を受けられない場合があり, 阪大の澤教授は 「一人でも多くの人が助かる医療技術に育てたい」 と期待している. 順調に進めば阪大発スタートアップのクオリプス (東京・中央) などが実用化を目指すと言う.

澤教授らはこれまでにブタの動物実験で安全性や効果を確認してきた.

人への移植では約 1 億個の心筋細胞を使う. 移植細胞が癌化するリスクについて, 澤教授は 「安全性の課題を克服する為に長年, サイエンスを積み上げてきた」 とコメントしている.

Have a nice holiday!
-------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.