(3982) 違う属の恐竜, 実は同じ?2020/09/23 01:52

白亜紀末 (6900 万年前) の植物食恐竜ハドロサウルスの仲間で, 北緯 53 - 40 度の北米が生息域とされて来た 「エドモントサウルス属」 と, 北極圏の米アラスカ州北部に生息した 「ウグルナールク属」 が実は同一だった, と北海道大などの研究グループが複数の骨を調べて突き止め, 米科学誌に発表している.

エドモントサウルス属は, 北海道むかわ町で発見されたカムイサウルス属 (通称「むかわ竜」) の近縁として知られる.

今回の研究の結果, 北極圏の厳しい環境に適応し, 生息域を広げていた事になる.

北米から当時は陸続きだったベーリング海峡を通ってアジアに進出し, むかわ竜などに進化した可能性があると言う.

北大の小林 快次教授や岡山理科大の高崎 竜司研究員によると, ウグルナールク属は成体の骨が殆ど見付かっておらず, 動物の骨は成長と共に大きく変化する事から独立した 「属」 か如何かが疑問視されて来たとの事.

白亜紀後期は, 地球全体が温暖だったが, 北極圏は冬の日照時間が短く, 餌となる植物の量が限られていたと考えられている.

エドモントサウルス属の仲間は生息域が広い割に骨の形に違いが少なく, 環境への適応力が高かったとみられる由.

ジュラシックパークの世界は何時もミステリーに満ちている.

本日のカット写真提供 : 下平 宏氏 (ハグロトンンボの交尾)

Have a nice day!
-------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.