(4017) 癌 iPS 治療の治験開始, 免疫細胞を製造し投与2020/10/28 02:49

千葉大学の本橋 新一郎教授は, iPS 細胞から作った免疫細胞を投与して癌を治療する医師主導の治験を開始したと言う.

鼻や口などに出来る頭頚部癌の患者 4 - 18 人が対象となっている.

因みに iPS 細胞を使う癌治療は国内では初めてとなる.

治験では健康な人の血液から癌を攻撃する免疫細胞の一種 「NKT 細胞」 を取り出し, 理化学研究所で iPS 細胞を作る.

その iPS 細胞を大量に培養して NKT 細胞に育て, 患部に通じる血管に 2 週間ごとに 3 回投与すると言う.

今月 14 日に 1 人目の患者に最初の投与を開始しており, 問題が起こらなければ投与量を増やし, 安全性や効果を調べる.

免疫細胞を使う方法は血液の癌で効果を発揮し, 2017 年に実用化されており, 手術, 放射線, 薬物治療に次ぐ第 4 の治療法とされる.

患者自身の免疫細胞を利用していたが, iPS 細胞や胚性幹細胞 (ES 細胞) を用いると品質が整った細胞を大量に製造でき, コスト削減に繫がると期待されている.

Have a nice day!
-------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

コメント

トラックバック