(2992) マライア・キャリー, 躁鬱病を告白2018/04/16 02:41

米人気歌手マライア・キャリーが, 12 日までの米誌ピープルとのインタビューで, 双極性障害 (躁鬱病) を患っている事を告白している.

2001 年に診断されたが, 彼女はその事実を受け容れる事が出来ず, 最近になって, やっと治療と薬物投与を開始したと言う.

インタビューで, マライアは 「最近まで 17 年間, 否定と孤独の中で過ごし, 常に誰かに暴露されるかも知れないと恐れていた」 と打ち明けている.

治療後は調子が良く, スタジオで新作に取り掛かっていると言う.

双極性障害は鬱状態と 躁状態を繰り返す気分障害の一つである.

彼女の素晴らしい歌声にもその様な孤独な葛藤が秘められていたなんて, 知る由もなかったが...

これからも元気に新しい曲を聴かせ続けて欲しいと願っている.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(2991) iPS の作製効率向上2018/04/15 02:14

iPS 細胞を作る際に必要な 「山中因子」 と呼ばれる遺伝子に, 新たに 2 種類の遺伝子を加えると作製効率が向上する事を, 京都大の山本 拓也講師 (分子生物学) らのチームがマウスの実験で突き止めている.

iPS 細胞は, 皮膚や血液などの細胞に人工的に遺伝子を入れ, 体の様々な組織などに変化する能力を持つ状態に戻す 「初期化」 を起こして作る.

けれども, 初期化の効率は悪く, 多くの細胞は iPS 細胞にならなかったり, 癌化のリスクがある細胞になったりしていた.

今の処, 成果が人に応用出来るか否かは不明だが, 「高品質な iPS 細胞作製に繋がる可能性がある」 と言う.

チームはマウスの細胞を使い, 初期化の際に複数の種類の遺伝子を導入して効率化に重要なものを調べている.

その結果, 山中因子のうちの 3 種類の遺伝子に Zic 3 と Esrrb と言う遺伝子を加えると, iPS 細胞になる割合が従来の数 % から, 約 50% にまで向上したのである.

この 2 遺伝子は, 初期化の鍵となるエネルギーを作り出す仕組みの活性化やバランスの調整に関与している事が判明したと言う.

量産化が実現できれば, コストの引き下げも視野に入って来るに違いない.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(2990) 耳鳴り, 聴神経の機能低下が一因2018/04/14 02:37

自然科学研究機構生理学研究所 (愛知県岡崎市) などの研究チームは, 耳鳴りに悩まされている患者の脳活動を調べ, 必要な音を聞き分ける聴神経の機能低下が一因とみられる, との研究結果を明らかにしている.

耳鳴りの患者は国内に約 2 千万人いると考えられているが, 多くの場合, 耳鳴りがしているか如何かは, 本人の訴えによって知るしかないと言う.

チームは 「耳鳴りの客観的な診断法や, 治療法の開発に繋がる」 と期待している.

チームは, 聴神経には, 周りの音とのコントラストをはっきりさせて, 聞きたい音を聞き易くする働きがある事に着目している.

脳磁計を使い, 片方の耳だけに耳鳴りがすると言う患者 7 人が, 静かな状況と雑音がする状況で, 特定の周波数の音を聞いた時の反応を調べた.

その結果, 耳鳴りがしている方も正常な方も, 静かな時よりも, 雑音がしている時の方が特定の音に対する反応が鈍く, 聞き取り辛くなっている事が示された.

また, 耳鳴りがしている方がより鈍くなっていたと言う.

耳鳴りと言うものは, 或る事に集中していると気にならない事が多いが, 不断は絶えず感じてしまうもの.

意識し出すとずっと鳴り止まず, 厄介な症状で, 経験者でないと解らない.

これと言った治療法が早く開発されて欲しいものである.

Have a nice weekend!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(2989) 癌, 熱を利用し攻撃2018/04/13 02:24

熱で固まる化合物を使う事により, 効率的に放射線で癌を攻撃する治療法を, 京都大と神戸薬科大のチームが開発している.

未だ動物実験の段階だが, チームによれば 「直腸癌や再発性乳癌など, 人の治療への応用も十分に可能だ」 との由.

癌の放射線治療の一つに, 放射性物質を直接体内へ投与する方法がある.

局所的に大量の放射線を当てられるのが利点だが, 放射性物質が癌以外の部位に広がる恐れがあるなど課題も抱えていたのである.

チームは特定の温度で固まる性質を持った高分子の化合物に注目したと言う.

化合物に放射性物質をくっつけた薬を注入すると共に, 癌を温める事で薬を癌周辺に集めてとどまらせる一方, 他の所には集まらない様にする仕組みを考えたのである.

実際に温水を使ってマウスの太腿に出来た癌を 40 度に温め, 放射性物質を含む薬を注射した.

その結果, 体内の他の部位と比べて, 癌に約 2 - 3 倍の量を集める事に成功したと言う.

また, 加熱をやめて, 3 時間後でも多くの薬が留まっていた由.

今後の進展に期待したい.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.

(2988) 癌化の恐れある細胞, iPS 細胞から除去2018/04/12 03:09

大阪大学の研究グループは iPS 細胞の中から癌化する恐れがある未成熟な細胞を取り除く技術を開発している.

iPS 細胞から作った組織が移植後に癌になるリスクを抑えられると言う.

従来は作業者が顕微鏡を覗きながら分別していたが, 熟練度によって差が出るなどの問題を抱えていた.

昨年度から, 心不全治療の臨床研究に用いて効果を確認中である.

iPS 細胞を神経や臓器などに育てようとしても, 一部の細胞が未成熟のまま残る.

すると移植後に癌になる恐れがある.

作業者が分別する場合, 未成熟な細胞を見逃す事があり, 細胞を色で染める手法は精度に限界があると言う.

研究グループは未成熟な iPS 細胞の表面に多数現れる 「CD30」 と呼ぶ蛋白質に注目したのである.

この蛋白質に結合する分子に, 悪性リンパ腫の治療に使う抗癌剤を科学的にくっつけた.

すると結合した未成熟な細胞に取り込まれ, 細胞を壊す.

けれども iPS 細胞が正常に育った組織の細胞には, CD30 が現れないため影響を受けないとの由.

iPS 細胞から育てた心筋細胞を入れた培養皿に, 抗癌剤をくっつけた分子の入った液体を垂らすと, 未成熟な細胞は全滅したが, 正常に育った心筋細胞は 8 割が生き残ったと言う.

心臓は癌が発生し難いが, 他の臓器の細胞の分別に使うと, 効果をより発揮するとみている.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.