(3570) 喘息薬, 乳児期アレルギー予防か?2019/11/15 01:50

国立成育医療研究センターは, 妊婦に特定の喘息治療薬を投与すると, 生まれた子の乳児期のアレルギー発症を予防出来る可能性がある事を, マウスの実験で明らかにしたと発表している.

この薬は, アレルギーの原因となる蛋白質 「免疫グロブリン E (IgE)」 の働きを邪魔する抗体.

人間用には 「オマリズマブ」 という薬として実用化されている.

成育研などのチームは妊娠中期と後期の 2 回, マウスに薬を投与. 生まれた子は生後 6 週間以上, IgE が体内で作られず, アレルギー反応が起きなかったと言う.

人では生後 4 カ月程度, 効果が続く計算になるとの事.

乳児期にアトピー性皮膚炎などを発症すると, 成長に伴い食物アレルギーや喘息などを連鎖的に発症する 「アレルギーマーチ」 という状況になり易いと言われている.

成育研の斎藤 博久・研究所長補佐は 「人でも有効と示せれば, アレルギーを大きく減らせるかもしれない」 とコメントしている.

Have a nice day!
--------------------------------------------------------
・この 「健康小話」 のブログは, はり・きゅう・マッサージ トミイ
(http://www.ne.jp/asahi/shinqma/tommy/index.html)
の院長のブログです.
・鍼・灸・マッサージ・按摩・指圧を初め, 広く, 東洋医学や健康, 人としての生き方等に関して, 日頃感じている事を書いて行きます.
・なお, 診療予約時, 「このブログを読んだ」 と言って戴いた患者さんは, 初診料が半額となります.
・往診も承っております.
・心や身体に関する悩み事など, 何でもお気軽にご相談ください.
(E-Mail : tadashi.fukutomi@jcom.zaq.ne.jp)
・English speaking clients are welcomed!
・Premium Healing Oil Massage is available!
・学割適用始めました.